家族信託

「家族信託」とは、認知症などで自身の財産管理ができなくなった場合に、代わりに家族がその財産を管理したり処分したりする仕組みです。家族にお金の管理権限を「信じて託す」ということですね。

特に認知症は他人事ではなく、2025年には5人に1人が認知症になる時代が来るといわれています。認知症になってしまうと、たとえ本人が使うためであっても、子どもが本人名義の預金を勝手に引き出したり、自宅を売却したりすることはできません。こうした場合、介護費用や自宅の管理費などを子供が自費で負担することとなり、予期せぬ出費で資金不足に陥ったり、思うような介護サービスを受けられなくなる可能性があります。

家族信託の仕組みを利用すれば、認知症による銀行口座の凍結を防いだり、財産管理を自由におこなったりすることができます。また、家族信託には遺言機能もあり、2代、3代先まで財産を残すことも可能。さらに子どもの一人による使い込みでトラブルが生じるようなことも防止できます。

以下では、便利だけれどまだなじみの薄い家族信託について、費用や契約、やり方などについて詳しく解説しています。迷ったら専門家に相談することもできますので、まずは仕組みを理解してみてくださいね。

  • 遺言信託、民事信託、家族信託の違いとメリット・デメリット

    相続に関する解説書やパンフレットを読んでいると、しばしば「遺言信託」というキーワードを目にします。一般的には、信託銀行などの信託会社が提供している「遺言信託サービス」を指すことが多いようですが、実はそれ以外にも重要な意味が含まれているのです。 例えば最近、相続対策のひとつとして注目されているのが「民事信託」や「家族信託」です。 自分の財産を信頼できる……

  • 【2020年最新版】家族信託とは?|遺言との比較や手続き、メリット・デメリットもわかりやすく解説!

    家族信託とは 家族の財産を家族が管理し家族のために使う「家族信託」は、2007(平成19)年改正信託法で可能となりました。 (「信託」とは、)特定の者が一定の目的に従い財産の管理又は処分及びその他の当該目的の達成のために必要な行為をすべきものとすることをいう。(信託法第2条1項抜粋) 通常、物には所有者がいて、管理や処分は所有者がします。一方、……