新型コロナ対応
オンライン面談受付中!

新型コロナ対応のため、オンライン無料面談の体制を強化しております。ちょっとした心配ごとでもお気軽にご相談ください。

家族信託

「家族信託」とは、認知症などで自身の財産管理ができなくなった場合に、代わりに家族がその財産を管理したり処分したりする仕組みです。家族にお金の管理権限を「信じて託す」ということですね。

特に認知症は他人事ではなく、2025年には5人に1人が認知症になる時代が来るといわれています。認知症になってしまうと、たとえ本人が使うためであっても、子どもが本人名義の預金を勝手に引き出したり、自宅を売却したりすることはできません。こうした場合、介護費用や自宅の管理費などを子供が自費で負担することとなり、予期せぬ出費で資金不足に陥ったり、思うような介護サービスを受けられなくなる可能性があります。

家族信託の仕組みを利用すれば、認知症による銀行口座の凍結を防いだり、財産管理を自由におこなったりすることができます。また、家族信託には遺言機能もあり、2代、3代先まで財産を残すことも可能。さらに子どもの一人による使い込みでトラブルが生じるようなことも防止できます。

以下では、便利だけれどまだなじみの薄い家族信託について、費用や契約、やり方などについて詳しく解説しています。迷ったら専門家に相談することもできますので、まずは仕組みを理解してみてくださいね。

  • 相続に関するお悩み事例集「いい相続」へのご相談まとめ

    相続のカタチは人それぞれ。ご自身のケースを知りたい方はいい相続にお気軽にお問い合わせください! Q:遺言に関するご相談 →お悩み事例集のページへ Q:不動産に関するご相談 →お悩み事例集ページへ Q:相続税に関するご相談 →お悩み事例集ページへ Q:後見人に関するご相談 →お悩み事例集ページへ Q:贈与に関するご相談 →お悩み事例集ページへ ……

  • 家族信託で認知症に備える方法|注意すべき点とよくある疑問

    この記事はこんな方におすすめ: 親が認知症になった際の備えとして家族信託を役立てる方法を知りたい方 認知症になると本人名義の預貯金が凍結され、不動産が売却できなくなる 家族信託は委託者が認知症になってからでは基本的に契約できない 軽度認知症の場合、家族信託の契約が可能な判断力があると認められることも 社会の高齢化が……

  • 家族信託|事前の話し合いから書類の作成、信託登記と信託口口座の開設までの流れ

    この記事はこんな方におすすめ: 家族信託の手続きの概要を知りたい方 家族信託手続きでは、まず最初に目的と内容を決める 家族信託契約書を公正証書にしておくと、公証人が契約の成立を証明してくれる 信託口口座を開設しておくと、万が一受託者が信託事務をおこなえなくなって後継受託者が引き継ぐときに、口座も引き継ぐことができる ……

  • 成年後見制度と家族信託|認知症の備えにはどちらを選ぶ?メリット・デメリットを比較

    平均寿命が長くなり、高齢化が進む中で、認知症は大きな問題になっています。自分の親が認知症になってしまったときには、介護の問題もありますが、口座の凍結など事務的な問題も発生するのです。 この記事では、将来の認知症に備えることができる後見制度、家族信託の2つの制度それぞれの基本や比較、どんなときにどの制度が利用できるのかについてご紹介します。 認知症に備える……

  • 家族信託契約でできること|家族信託契約書の書き方、公正証書にするべき理由

    家族信託は、将来認知症になったときへの備えから、代々の土地の相続、事業の承継などさまざまな問題に対応できる制度です。制度の利用は、委託者と受託者の契約によって開始されますが、その契約書である家族信託契約書の作成にはさまざまな注意点があります。 この記事では、家族信託契約でできること、家族信託契約書の書き方、公正証書にするメリット、専門家に相談・依頼するメリ……

  • 遺言信託、民事信託、家族信託の違いとメリット・デメリット

    相続に関する解説書やパンフレットを読んでいると、しばしば「遺言信託」というキーワードを目にします。一般的には、信託銀行などの信託会社が提供している「遺言信託サービス」を指すことが多いようですが、実はそれ以外にも重要な意味が含まれているのです。 例えば最近、相続対策のひとつとして注目されているのが「民事信託」や「家族信託」です。 自分の財産を信頼できる……

  • 家族信託とは?|遺言との比較や手続き、メリット・デメリットもわかりやすく解説!

    家族信託とは 家族の財産を家族が管理し家族のために使う「家族信託」は、2007(平成19)年改正信託法で可能となりました。 (「信託」とは、)特定の者が一定の目的に従い財産の管理又は処分及びその他の当該目的の達成のために必要な行為をすべきものとすることをいう。(信託法第2条1項抜粋) 通常、物には所有者がいて、管理や処分は所有者がします。一方、……

お住いの地域の専門家を探す

北海道・東北
関東
中部
関西
中国
四国
九州

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス