行政書士

  • 相続体験談【手続き編】戸籍の沼に溺れかかる。救ってくれたのは・・・

    この記事では、いい相続のスタッフが経験した相続手続きの実話をお伝えします。 前回の話では、母の兄妹が財産欲しさに騒動を起し、弁護士に相談したことで問題を解決できましたが、今回はその続きです。 ▶前回の話 相続体験談【争族編】遺産目当ての母の兄妹 もう、心穏やかに過ごせると思ってたのに・・・。 ※財産にかかわる話なので実名は伏せています。 相続手続き……

  • 行政書士は怖くない!|バイク好きYouTuber行政書士・福森相仁氏インタビュー

    この記事はこんな方におすすめ: 行政書士の相続業務への考えや思いについて知りたい方 行政書士に相談するハードルは全然高くない(身近な士業の代表格) 生前準備手続きは死後の場合と違って顧客に応じた柔軟な提案ができるため、それぞれの行政書士の特徴や強みが出やすい 死後の相続手続きをスムーズにするためにも生前からの準備が重要 ……

  • 終活セミナーで相続相談|オリジナルエンディングノートを生かし、老後・将来の不安を払拭(行政書士インタビュー)

    この記事はこんな方におすすめ: 自分の老後・将来のことが気になるが、周囲に相談ができる人がいない方 エンディングノートに法的な効力はないが、その人の遺志が繋がる 終活というのは単にお葬式やお墓の話だけではない 必要に応じて税理士や弁護士につなぐのも、行政書士の大切な仕事 生命保険会社から銀行に、そして外資系の生命保……

  • 相続対策と認知症対策で、家族信託は使いやすい手段に|行政書士インタビュー 高田行政書士事務所

    この記事はこんな方におすすめ: 相続について漠然と希望はあるけれど、家族への切り出し方がわからない方 相続相談は早めに。亡くなってから、認知症になってからではできることは限られてしまう 認知症対策+相続対策として、家族信託の可能性は大きい 時間を掛けて相談することで、相談者自身も気付かなかった本音が見えてくることも 相続という……

  • 相続関連用語集

    相続に関連する用語を簡単にまとめています。 あ行 遺産分割(いさんぶんかつ) 相続が始まると、被相続人の財産は全相続人が共有する状態になります。この共有状態にある相続財産のうち、誰が何を相続するか決め、分割する手続きを遺産分割といいます。 被相続人が遺言書を残している場合には、被相続人が作成した遺言書に従っておこなわれるのが一般的ですが、相続人が複数……

  • 相続の無料相談|行政書士が解説!無料の理由と上手な活用法

    この記事はこんな方におすすめ: 相続の無料相談をしてみたいけど、ためらわれている方。相談先を探している方。 無料の理由は、気軽に相談してほしいから 戸籍謄本などを準備して相談すると、より適確なアドバイスがもらえる 実例、誰も知らなかった口座を発見、など 自分が相続の手続きをしなければならなくなった、そんな不慮の事態の……

  • 不動産を相続するにはどうしたらいい?不動産の名義変更、相続登記について解説

    相続登記とは、不動産の所有者が亡くなった場合に、その不動産の登記名義を被相続人(亡くなった方)から相続人へ名義の変更を行なうことをいいます。すなわち、被相続人名義から相続人名義へ登記申請することによって、所有者が変わるということです。 この記事では相続登記のために必要な調査や相続登記の流れ、登記をしない場合のデメリットなどについて、網羅的に説明していきます……

  • 遺産分割協議書を全解説|作成の目的から書き方、必要書類まで【行政書士監修】

    遺産分割協議書を作成しないとトラブルに発展する危険も! 遺産分割協議書の作成は相続の中でも時間と労力のかかる作業のひとつ。相続手続きを円滑にするために専門家に相談することをお勧めします。 遺産分割協議書に関する無料相談はこちらから、ご希望の地域等をお選びください。 相続手続きを行う上では、遺産分割協議によってすべての相続人が合意した内容を文書にまとめた遺……

  • 法定相続情報一覧図(法定相続情報証明制度)どんな手続きに利用できる?流れや費用まとめて解説【行政書士監修】

    相続登記を促進するための法定相続情報証明制度! 相続登記や相続税の申告などを専門家に依頼する場合は、他の手続きとまとめて依頼するのがお勧めです。 専門家との無料相談はこちらから。ご希望の地域等をお選びください。 被相続人と法定相続人の相続関係を法務局の登記官が認証する、法定相続情報証明制度。 法務局が交付する法定相続情報一覧図の写しは、相続登記だけでな……

  • 相続税の基礎知識|申告・納税期限、基礎控除、相続税のかからない財産、みなし相続財産など【行政書士執筆】

    相続税は、相続や遺贈によって取得した財産及び相続時精算課税の適用を受けて贈与により取得した財産の価額の合計額(債務などの金額を控除し、相続開始前3年以内の贈与財産の価額を加算します)が基礎控除額を超える場合にその超える部分(課税遺産総額)に対して、課税されます。 こちらの記事では相続税に関する概略をご案内させていただきます。 相続税の申告と納税 相続税……

42件中1】~【10件の表示

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス