法改正

  • 相続で寄与分を主張するには?|寄与分が認められる要件、計算方法、遺言との関係

    故人の介護をしていた、故人の事業を無償で手伝っていたなど、故人に生前何らかの貢献をしてきた人に対しては寄与分が認められることがあり、遺産を他の相続人よりも多くもらえる可能性があります。 この記事では、故人のために尽力してきた人が寄与分をきちんと主張できるよう、寄与分を主張できる人についてや、どういった行為が寄与とみなされるか、寄与分の計算はどのように行われ……

  • 遺留分減殺請求とは?遺留分侵害額請求との違いや期限・対象を詳しく解説

    相続は本来、被相続人の意思が尊重されるもの。ただし法定相続人は、遺言にその名が記されていなくても生活保障の意味合いから一定の遺産が配分される権利を認められており、一定の要件を満たす場合には遺留分として遺産の配分を受ける権利があります。 遺留分を請求する際の制度である遺留分減殺請求は、2019年7月の法律改正により遺留分侵害額請求と改称されました。新旧それぞ……

  • 【完全解説】預金相続の手続き方法|引き出しの必要書類から改正相続法「一部払戻し制度」まで

    預金は最も身近な金融資産のひとつ。遺産相続の対象となる財産は様々ありますが、中でもほとんどの方がお持ちなのが銀行などの預金ではないでしょうか。 口座名義人が亡くなった場合、相続人は金融機関で、故人の預金口座に残された預金を払い戻ししたり、相続人の口座に移すなど、相続の手続きをおこなう必要があります。 この記事では、預金を相続する手続きの流れや、相続の際に……

  • 知らなきゃ損!相続法改正の8つのポイントをすっきり解説【2019〜2020年施行】

    2018年に成立し、2019年から2020年にかけて順次施行されている改正相続法。 配偶者の権利が拡大される 自筆証書遺言が書きやすくなる 介護などで貢献した親族が報われやすくなる など、日本の実態に合わせて様々な工夫が凝らされています。 今回は、法改正のポイントを8つにまとめ、それぞれわかりやすく解説していきます。「知らなかった」で……

  • 法定相続情報一覧図(法定相続情報証明制度)はどんな手続きに利用できる?手続きの流れや費用などもまとめて解説!【行政書士監修】

    被相続人と法定相続人の相続関係を法務局の登記官が認証する、法定相続情報証明制度。 法務局が交付する法定相続情報一覧図の写しは、相続登記だけでなく金融機関や生命保険などの相続手続きで戸籍謄本等の代わりに使えます。 この記事では、法定相続情報一覧図のメリット・デメリットから申出方法、利用できる手続きや必要となる費用などについて、まとめて解説します。 ……

  • 【2020年7月開始】自筆証書遺言書保管制度を一から解説!手数料や必要書類・メリットは?【行政書士監修】

    公正証書遺言と違い、これまで自宅などで保管しなければならなかった自筆証書遺言書。紛失や改ざん、あるいは亡くなった後に発見されないままになってしまうといったデメリットやリスクが指摘されてきました。 2020年7月に開始される新しい制度では、自筆証書遺言書を法務局に預けることができるようになります。 この記事では、自筆証書遺言書保管制度の概要、自筆証書遺……

  • 自筆証書遺言の書き方は?2020年法改正のポイントから5つのトラブル例まで完全解説【行政書士監修】

    相続の基本的なルールは民法で規定されています。この民法の相続に関連する部分の法律は「相続法」と呼ばれています。 2019年には「相続法」の約40年ぶりの法改正によって、自筆証書遺言の作り方が容易になりました。この記事では、自筆証書遺言の書き方や、2019年の法改正で変わったポイントについての説明、自筆証書遺言を作成する際によくあるトラブルとその対処法などに……

  • 【2020年版】生前贈与するなら要注意!改正された遺留分侵害額請求(減殺請求)について徹底解説!【税理士監修】

    生前贈与は、相続税対策のなかでも生きているうちに自分の意思で、財産の分配を調整したり、遺産(=相続財産)の総額を減らして相続税を減額させられる有効な手段です。贈与の基礎控除や非課税特例も多く、是非とも検討したい相続税対策のひとつです。 ただし生前贈与を考える際に確認しておきたいのが遺留分のことです。生前贈与や遺言書などによって相続財産の分割方法に著しい不公……