法改正

  • 個人事業主の相続にインボイス制度の影響は?備えるべきことは?

    令和5年10月から適格請求書等保存方式(インボイス制度)が導入されます。 すでに令和3年10月から適格請求書発行事業者の登録申請が始まっており、施行日までの経過措置期間に突入しています。フリーランスや一人親方などの個人事業主にとって、このインボイス制度が負の効果をもたらすのではないかとさまざまな疑問や不安の声が出ています。 聞きなれない言葉ですし、会社員……

  • 相続税や贈与税はどうして払わなきゃいけないの?

    親や祖父母が築いた財産を受け継いだり、もらったりするのに、どうして税金を払うのでしょうか? 相続で得た財産は「偶然の富」と考えられています。その富を分配(富の再分配・所得再配分)することで公平性を保つために相続税が課せられます。 また、贈与については、相続に備えて生前に富を分けているという考えから課税されます。贈与税は相続税の仕組みを補なって強化す……

  • 令和3年7月1日「生命保険契約照会制度」開始。相続手続きがちょっぴり楽に!?

    「生命保険、何に入ってたっけ?」 生命保険証券を大事にしまっておく方がほとんどだと思いますが、亡くなった方がしまい込んでいて、どの保険会社と契約しているか分からなかったら……。 加えて、現代はインターネットで安く、気軽に保険に入れる時代。その分、管理も記憶も曖昧になりがち。 そんな事態のときに役立つ制度ができました。 2021年7月1日から「生命保険……

  • 自筆証書遺言の開封前に必ず確認!検認が必要なケースと手続きの流れ

    自宅などで保管していた自筆証書遺言や秘密証書遺言を発見した場合、家庭裁判所で検認をおこなう必要があります。また遺言書に封印がある場合は、相続人が勝手に開封することも認められていません。この記事では検認について、ご説明します。 この記事はこんな方におすすめ:これから遺言書を書こうとしている方、遺言書を保管している、または発見した人 自筆証書遺言は、……

  • 【訂正例つき】自筆証書遺言の訂正・書き直し方法。財産目録の訂正の仕方も

    自筆証書遺言は誰でも手軽に作成することができる反面、全文を手書きで書かなければならないなど、さまざまなルールがあります。一度作成した自筆証書遺言を訂正する場合も、法律でその方法が定められています。この記事では、自筆証書遺言の加除訂正の仕方についてご説明します。 この記事はこんな方におすすめ:以前書いた自筆証書遺言を書き直したい方 遺言書は、いつで……

  • 法定相続情報一覧図(法定相続情報証明制度)どんな手続きに利用できる?流れや費用まとめて解説【行政書士監修】

    相続登記を促進するための法定相続情報証明制度! 相続登記や相続税の申告などを専門家に依頼する場合は、他の手続きとまとめて依頼するのがお勧めです。 専門家との無料相談はこちらから。ご希望の地域等をお選びください。 被相続人と法定相続人の相続関係を法務局の登記官が認証する、法定相続情報証明制度。 法務局が交付する法定相続情報一覧図の写しは、相続登記だけでな……

  • 知らなきゃ損!相続法改正の8つのポイントをすっきり解説【2019〜2020年施行】

    2018年に成立し、2019年から2020年にかけて順次施行されている改正相続法。 配偶者の権利が拡大される 自筆証書遺言が書きやすくなる 介護などで貢献した親族が報われやすくなる など、日本の実態に合わせて様々な工夫が凝らされています。 今回は、法改正のポイントを8つにまとめ、それぞれわかりやすく解説していきます。「知らなかった」で……

  • 遺留分減殺請求とは?遺留分侵害額請求との違いや期限・対象を詳しく解説【弁護士監修】

    相続は本来、被相続人の意思が尊重されるもの。ただし法定相続人は、遺言にその名が記されていなくても生活保障の意味合いから一定の遺産が配分される権利を認められており、一定の要件を満たす場合には遺留分として遺産の配分を受ける権利があります。 遺留分を請求する際の制度である遺留分減殺請求は、2019年7月の法律改正により遺留分侵害額請求と改称されました。新旧それぞ……

  • 【完全解説】預金相続の手続き方法|引き出しの必要書類から改正相続法「一部払戻し制度」まで【行政書士監修】

    預金は最も身近な金融資産のひとつ。遺産相続の対象となる財産は様々ありますが、中でもほとんどの方がお持ちなのが銀行などの預金ではないでしょうか。 口座名義人が亡くなった場合、相続人は金融機関で、故人の預金口座に残された預金を払戻ししたり、相続人の口座に移すなど、相続の手続きをおこなう必要があります。 この記事では、預金を相続する手続きの流れや、相続の際に必……

  • 【2020年版】生前贈与するなら要注意!改正された遺留分侵害額請求(減殺請求)について徹底解説!【税理士監修】

    生前贈与は、相続税対策のなかでも生きているうちに自分の意思で、財産の分配を調整したり、遺産(=相続財産)の総額を減らして相続税を減額させられる有効な手段です。贈与の基礎控除や非課税特例も多く、是非とも検討したい相続税対策のひとつです。 ただし生前贈与を考える際に確認しておきたいのが遺留分のことです。生前贈与や遺言書などによって相続財産の分割方法に著しい不公……

13件中1】~【10件の表示

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス