注目のQ&A

遺言執行人とはどんなことをするのでしょうか?

質問者:K.T

父の遺言書に遺言執行人がありました。遺言執行人とは一体どんなことをするのでしょうか?

  • 回答:遺産相続なび

    遺言書を発見しても「遺言を実際の手続きに移す人」がいなければ故人の遺志を実現することはできません。そのような役割の人を俗に「遺言執行人」と呼ぶこともありますが、正式名称としては「遺言執行者」といいます。

    ◎遺言執行者は何をするの?もしいないとどうなるの?

    もし、どんなに完璧な遺言書を遺していたとしても、被相続人(亡くなった人)の死亡後それをスムーズに手続きに移せなければ意味がありません。もし遺言執行者が定められていなかった場合、遺言の内容によっては法定相続人全員で手続きをしなければならなくなることもあるので遺言書を遺した意味があまりなくなってしまいます。 遺言執行者が行うこととしては次のような手続きがあります。

    1.遺言執行者のみが執行できるもの
    子の認知、推定相続人の廃除・取り消し

    2.遺言執行者、および相続人が執行できるもの
    遺贈、遺産分割方法の指定、寄付行為

    もし遺言執行者が遺言書により指定されている場合はたとえ相続人がいたとしても遺言執行者が執行することになります。
    遺言執行者は、相続が開始すると遺言執行者の就任を相続人や受遺者(遺贈を受けた者)に通知しなくてはなりません。そして、相続財産の目録を作成して相続人や受遺者に交付します(遺言執行者にはこれらを適切に管理する義務があります)。次に認知や廃除がある場合はその手続きを、また不動産の相続による名義変更や預貯金、株式など金融資産に関する名義変更、解約等の手続きを行います。それらがすべて終了すると相続人や受遺者に経過と結果を報告することになっています。
    もし、遺言執行者が必要な場合であるにもかかわらず遺言で指定されていなかったり、指定されていた遺言執行者が死亡している時などは、家庭裁判所に遺言執行者を選任してもらうよう、申立てをすることもできます。ただ、誰でもできるわけではなく、相続人や遺言者の債権者、遺贈を受けた者など利害関係がある人に限られます。

    ◎遺言執行者になれる人

    基本的には誰でも遺言執行者になることができますが、2つだけ欠格事由(法律的にその地位につくことが禁じられている事由)が定められています。
    1.未成年者
    2.破産者
    です。
    逆に言えば、これらではない法定相続人が遺言執行者になることも差し支えありません。遺産を相続させると指定した相続人をそのまま遺言執行者にしても構わないわけですが、他の相続人との感情的対立なども考慮するのであれば弁護士など公平な第三者を指定する方が無難かも知れません。

    関連記事 ・遺言 ・遺言執行人を探す

【カテゴリー】

  • 遺産分割
  • 遺言書
  • 贈与

教えて!相続 ー人気ランキングー一覧