• 息子が死んで、孫が相続放棄をしたのですが母である私が相続人になるのでしょうか?曾孫がいるからそちらになるのですか?

    質問者:Y.N 息子の子供が一人であった場合は「第二順位相続人」になる 質問者の「亡くなった息子さん」に相続放棄した子供以外の子供がいればそちらに相続権がありますが、一人っ子であった場合はお母様は「第二順位の相続人」になります。いわゆる「代襲相続人」になることはありません。  代襲相続とは何? 「代襲相続」とは、被相続人(亡くなった人……

  • 私たちの死後、亡くなった長男の嫁に財産を残したいのですがどうしたらいいでしょうか?

    質問者:H.K 法定相続人(民法で定められた範囲の相続人)というのは、被相続人(亡くなった人)との現実的な関係に関わらず身分関係のみで決められています。しかし現実を見ると、遺産をあげたいのは法定相続人とは別の人であるということがよく起こります。 このような方であってもお嫁さんに遺産を渡す方法があるのです。 嫁には原則、相続権はない 民法では、相続人とな……

  • 相続の場面で最も困りやすい事柄を3つ教えてください。

    質問者:A.S 実際に相続が発生した現場では、予想もしなかったような問題が起こる危険性があります。では、比較的起こりやすい問題3つとその対策を確認してみましょう。 相続税の納税資金がない! 相続税のかからない範囲である「基礎控除」、つまり3,000万円+(相続人の数×600万円)を超える相続財産が発生する予定の家庭はぜひ「納税資金の準備」をし……

  • 姉妹仲が良くない妹がいます。自分の財産を一銭たりとも渡したくないのですが…

    質問者:N.F ご自身の財産を特定の相続人へ渡らないようにする方法として、遺贈という方法があります。 遺言によって財産をどなたか別の方へ贈与する方法です。 兄弟の場合は遺留分もありませんから、全ての財産を別の方へ贈与することが可能です。 贈与すべき相手がいない場合は、財産を公共事業団体等へ寄付する旨の遺言を作成することもできます。 さらに、遺言執行者を定め……

  • 新しく見つかった父の遺産は誰のものなのか。

    質問者:K.K お父様が遺言で全財産をそのように処分するとしているのであれば、300万円は、遺言の通りお姉様夫婦が相続します。 今回はお姉様がお亡くなりになっていますので、お姉様の相続分に関してはお姉様の相続人(お姉様の夫と子供)が相続することとなります。 ただし、法律は、「遺留分」という制度を用意しています。これは、相続人の生活保障のため、各相続人に最低……

  • お墓は誰が相続するものなのでしょうか。普通の相続との違いはありますか。

    質問者:M.K お墓の所有権は民法上「祭祀に関する権利」とされ、通常の財産とは峻別されています。 被相続人が指定した者(被相続人と親族の関係にあることは必要ないとされています。)がいなければ、その地方の慣習に従います。 つまりその地方の古くからのしきたりによるということです。 このしきたりが明らかでないときは家庭裁判所でお墓の承継人を定めることになります。……

  • 10年間連れ添っている同性の恋人に財産を渡したい。

    質問者:K.K 婚姻関係にない恋人(以下、パートナーとします)は遺産を相続することは出来ません。 そのため、遺言による財産を遺贈、もしくはパートナーを養子にすることが考えられます。 遺言による遺贈の場合は、遺留分について注意が必要です。 ※遺留分の説明については当サイト「相続用語集」をご覧ください。 また養子縁組をする場合は、年長者が「親」という形しかとる……

  • 遺産分割をしたいのだが、どこまでの親戚が遺産を相続することができるのかが知りたい。

    質問者:S.S 亡くなられたお父様の遺産分割ということであれば、相続人は、配偶者(お母様)・子になります。 お母様がご存命でなければ、子のみが相続人となります。 子(ご相談者様)がいる場合はお父様のご兄弟は相続人にはなりませんので、話をする必要はない、ということになります。 ……

  • 「特別縁故者」という言葉をたまに聞きますが、どういう人のことを指すのでしょうか。

    質問者:M.K 遺産は法律が定めた相続人が相続するのが原則ですが、遺言書がなく相続人がいない場合、相続権のない人が財産を受け取ることが出来る場合があります。 ある一定の条件に該当する人に限って特別に財産を分け与える制度(特別縁故)があり、これにより財産を相続する人を「特別縁故者」といいます。 どんな人が特別縁故者として該当するかというと、 ①被相続人と生計……

  • 母の預金を使い込んだ弟に遺産を渡したくありません。裁判をすればこの主張は認められるのでしょうか。

    質問者:M.M 弟が不当に使い込んでいた財産については、母の遺産に戻して遺産の計算をするという主張が裁判で認められる可能性があります。 裁判で争う場合、証拠の収集等が必要となるため、金額が多額におよぶ場合には専門家のサポートを受けることも視野に入れるとよいでしょう。 ……

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス