• 葬儀費用を亡くなった本人の預金から使ったら相続放棄はできない?

    質問者:H.I 相続が発生した後、被相続人(亡くなった人)の名義だった預金を引き出して使うとその使い道によっては相続放棄できなくなることがあります。詳しくは専門家に相談することをお勧めします。 相続の「法定単純承認」とは何? 相続が発生したことは、親族だけではなく被相続人にお金を貸していた債権者など周囲の人にも利害関係があります。そこで、法律関……

  • 親の遺骨をどうするか、法律上での決定権は誰になる?

    質問者:T.I 遺骨の所有権については民法にはっきりとした定めがないため、見解の分かれるところです。裁判でもさまざまな考え方が示されてきましたが、現在最も有力なのは「祖先の祭祀を主宰する者」に所有権があるという考え方です。 遺骨に所有権は認められるのか? 遺骨は他の相続財産とは異なる特別な存在であるという感覚は多くの人が持っているのではないでしょうか。そ……

  • 残された者が相続で揉めないようにしたいのですが…

    質問者:K.N 年々進む少子化の中で、子供のいない夫婦の存在も決して珍しいものではなくなりました。そのような人は「遺言書」の作成が必須だと考えておかなくてはなりません。 相続の大変さは「財産の量」で決まるわけではない 「うちは財産がないから相続については心配ない」というのが良く聞かれる言葉ですが、相続が大変になるか、簡単に済ませられるかは決して財産の多寡……

  • 弟名義の口座に振り込まれた母親の遺産のうち、自分の分だけでも引き落としたい

    質問者:T.D 弟様の銀行口座からお金を引き出すためには、そのお金がどういう理由で振り込まれたか関係なく、弟様の相続手続が必要となります。 故人に配偶者・子若しくは父がいる場合、故人の姉は相続人にはならないため、相続手続をご相談者様がすることはできません。 配偶者・子若しくは父が相続手続きをすることになります。 今回の場合、弟様の相続人(配偶者・子若しくは……

  • 代襲相続が発生している場合の相続税の計算方法について

    質問者:M.U 代襲相続が発生している場合、「法定相続人」の数は、代襲相続人を含めた相続人全員の人数となります。 たとえば、Aという方が亡くなり、奥様B、お子様にはC、Dというケースを考えます。このとき、Aのお子様Dが既に亡くなっており、Dにはお子様E、Fがいらっしゃった場合、EとFがDを代襲相続します。したがって、この場合の相続人は、奥様B、お子様C、お……

  • 父が兄に唆されて遺言書を書いてますが、自分に不利な内容です。どうしたらいいでしょうか。

    質問者:S.S お父様がご自分の意思で遺言書を作成をなさるのであれば、原則はその意思に従って財産が分けられることになります。 その場合、預貯金や金融資産その他の財産も、ご記載の通り、お兄様のご家族が遺贈あるいは相続することとなり、現時点で打てる策はありません。 ただし、このような他の相続人にとって不利益な事態に備え、法律上、遺留分減殺請求権という権利があり……

  • 相続人って誰がなるのですか?

    質問者:H.S 「相続人」という言葉には二つの意味があります。 一つは、「法定相続人」といって、民法で定められている範囲の相続人のことです。 もう一つは、「指定相続人」といって、被相続人(亡くなった人)が遺言書を作って指定した相続人のことです。   法定相続人 民法では相続人に決められた順位があり、その人は被相続人との生前の人間関係にかかわらず相続……

  • 遺言を残すにもお金がかかると聞きました。いくらくらいかかるものでしょうか?

    質問者:K.U 遺言書を作りたいと思っているが、費用の面が気になるという人も多いようです。そこで、通常の状況で使われることが多い形式の遺言について、その概要と費用、どれを選んだらよいのかの目安を考えてみましょう。 公正証書遺言 あらかじめ作った遺言の文案につき、公証役場で公証人の「お墨付き」をもらう形式です。公証人と証人2人の前で遺言者が本人確認を受け、……

  • 生命保険には節税効果があるって聞きましたが本当ですか?

    質問者:S.M 保険の営業マンから「この保険に入ると相続税の節税になりますよ!」というセールストークをされたことがある人も多いのではないでしょうか。 では、どのような仕組みで、どの程度の節税効果があるのかを考えてみましょう。 相続税の課税財産を「低く見積もる」ことが重要! 相続税の計算をする際には「相続財産の評価額」がいくらと見積もられるのかが重要……

  • 隠し財産を発見!相続税のペナルティは?

    質問者:K.N 相続税が課税される家庭は多額の遺産があることが前提です。よって、相続人が遺産の一部を見逃すことも多く、それによる追徴課税も心配です。 「気づかなかった」相続財産についての扱い、その場合のペナルティ、そして最初から相続財産を見逃さないためにはどうするべきなのでしょうか。 相続財産の申告漏れは珍しくない 相続税には「基礎控除……

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス