• 相続税がかからなければ税理士に相談不要ですか?

    質問者:K.K 相続税がかかるのであればもちろん真っ先に相談するのは税理士ですが、かからない場合でも専門家が関与する必要が生じることもあります。ただ、そのケースによってどのような専門家が必要なのかは変わってきます。 相続税がかかるなら必ず税理士 相続財産が基礎控除「3000万円+(600万円×法定相続人の数)」を超えていれば必ず相続税の申告が……

  • 親からの毎月の仕送りは生前贈与にならないですか?

    質問者:M.K 贈与税を考えるにあたって、「通常の贈与」と「自分が扶養している相手への仕送り」は分けて考えられます。では、どのような点を基準に区別し、どこから贈与税がかかるのかを考えてみましょう。 「仕送り」には贈与税がかからないのが基本 贈与税は、基本的には贈与を受けたすべての財産について(控除や軽減措置が取られていない限り)かかります。民法上……

  • 公正証書遺言書の証人が先に亡くなっても有効ですか?

    質問者:A.N 公正証書遺言とは、公証役場で作成してもらう遺言書のことですが、これには証人2人が要求されます。ただ、いったん作成してしまえばその後に証人が亡くなっても効力に影響はありません。 公正証書遺言と証人 公正証書遺言では、より作成に関する正確性、真実性を担保するために公証人のほか「証人2人を立ち会わせる」ことになっています。実務的な流れとし……

  • 遺産分割後、1年経ってから新たな相続人が現れた場合は?

    質問者:M.O 遺産分割協議が相続人を戸籍で確認した後に行われたのであれば後から相続人が現れるというのは非常に稀ですが、そのようなことがないわけではありません。相談者のケースでは愛人の子供が認知されたのがいつなのかによって結論が異なります。 認知は生前・遺言どちらでもできる 婚外で出生した子供を「非嫡出子」といいますが、そのような子供は通常、父親の認知……

  • 贈与税と相続税はどちらが安くすみますか?

    質問者:S.S 相続税と贈与税は設定されている税率が異なります。生前贈与と相続、どちらでもらうのが得なのかということは、相続財産の構成やどのような減税の特例を使うかにより異なってきますので一概に言うことはできません。 税率だけ考えると贈与税の方が高い 贈与税というのは、国税の中でも最高の税率です。現在、贈与には「一般贈与」と「特例贈与」の二種類がありそれ……

  • 相続放棄をすれば父親の借金が返済不要になるのでしょうか?

    質問者:T.N 親や配偶者に借金があって、それがプラス財産より多かった人でも、相続放棄をすれば借金を返済する必要はなくなります。 相続放棄すると最初から相続人でなかったことになる 相続放棄というのは、被相続人(亡くなった人)のプラス財産と負債の権利を両方とも手放すことです。遺産分割協議において「遺産は要らない」という意思表明をすることを相続放棄だと思っ……

  • 株は生前に現金に替えておいた方がいいですか?

    質問者:M.N 遺産の構成というのは各家庭によりさまざまです。中には故人の趣味が株だったので、遺産のほとんどが株式であるという場合も考えられます。相続財産としてもらうのにどちらが得かということは一概には言えませんが、状況によっては株式を相続させるのがあまり好ましくないこともあります。 株式を相続する際の注意点 株式は不動産よりは換金しやすい資産であるも……

  • 公正証書遺言とはどんな遺言なのでしょうか?

    質問者:Y.T 公正証書遺言とは、公証役場にて公証人の面前で作る遺言書のことです。自宅などで作る自筆証書遺言などと比べて極めて故人の意思を証明する能力が高いのが特徴です。 公正証書遺言とはどのように作るのか 公正証書遺言は、公証役場に行って公証人と証人2名の前で、遺言者が自分の遺言に間違いない旨を述べ、その後遺言書に公証人、証人、遺言者それぞれが署名押印……

  • 遺言執行人とはどんなことをするのでしょうか?

    質問者:K.T 遺言書を発見しても「遺言を実際の手続きに移す人」がいなければ故人の遺志を実現することはできません。そのような役割の人を俗に「遺言執行人」と呼ぶこともありますが、正式名称としては「遺言執行者」といいます。 遺言執行者は何をするの?もしいないとどうなるの? もし、どんなに完璧な遺言書を遺していたとしても、被相続人(亡くなった人)の死亡後それ……

  • 相続はどの士業さんにお願いすればいい?

    質問者:K.K 士業で相続を扱う業種は弁護士、司法書士、税理士、行政書士などさまざまなものがありますが、相談者の置かれた状況によって依頼するべき専門家が異なってくることに注意が必要です。 同じ「相続」でも状況ごとに扱う専門家が違う 弁護士の仕事はいってみれば「オールマイティ」です。遺産分割協議などの書類作成や紛争の仲裁、調停、裁判まで法律的な代理に……

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス