• 遺産分割協議書の使い方【行政書士執筆】

    被相続人が残した相続財産を誰がどのように相続するのかということを決める遺産分割協議の内容をまとめた遺産分割協議書ですが、それを作成した後は相続手続きに利用します。例えば、銀行で預金相続の手続きをする場合、法務局で不動産の相続登記をする場合、証券会社で有価証券や株式の相続手続きをする場合、相続税の申告をする場合などがあります。 この記事では、不動産、金融資産……

  • 遺産分割の特殊事例【行政書士執筆】

    相続人の全員が集まって開催する遺産分割協議では、様々な特殊なケースが発生します。特殊なケースといっても、実際にはよく起こることです。それは「誰が」相続人になるのかということ、「何が」相続財産に含まれるのかということが大きく関係してきます。 この記事では、そのような「人」と「財産」についての特殊な事例についてご紹介していきます。 相続人全員が集まれない場合……

  • 相続財産の分割方法【行政書士執筆】

    遺産分割協議では、相続人のうち「誰が」「何を」「どの割合で」相続するのかを決定します。そのうち「誰が」、「どの割合で」相続をするのかという「相続分」については法律に規定が存在します。もちろん、相続人の全員の合意があれば、その規定とは異なる相続を行っても構いません。しかし、法律の規定は相続分の基準を示すものとして理解しておくと良いでしょう。 この記事では遺産……

  • 相続発生時の税務「準確定申告」について【行政書士執筆】

    「準確定申告」とは、納税者が死亡したときに行う確定申告のことを言います。 この記事は、相続発生した際に起こりうるこちらの税務申告の概略についてご説明します。 「準確定申告」と「確定申告」 生きている方の所得税の申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得について、翌年の2月16日から3月15日までの間に申告書の提出を行います。これが「確……

  • 金融機関(メガバンク)の相続手続きについて【行政書士執筆】

    財産調査を行う際や遺言書または遺産分割協議書の内容を反映させる際には金融機関での手続きが必要になります。金融機関には都市銀行やゆうちょ銀行、信用金庫など様々な手続き先が存在し、それぞれで異なる方式を採用していることも多いのです。 この記事では相続手続きについて、特にメガバンクの手続について解説します。 金融機関への連絡 相続が発生した場合には、金融機関……

  • 金融機関(ゆうちょ銀行)の相続手続きについて【行政書士執筆】

    財産調査を行う際や遺言書または遺産分割協議書の内容を反映させる際には金融機関での手続きが必要になります。金融機関には都市銀行やゆうちょ銀行、信用金庫など様々な手続き先が存在し、それぞれで異なる方式を採用していることも多いのです。 この記事では金融機関での相続手続について、特にゆうちょ銀行に重点を置いてその手続きについて解説します。メガバンクについての手続き……

  • 限定承認|相続の方法【行政書士執筆】

    相続は、とても複雑で多くの手続きがあります。 例えば、死亡届や葬式の準備、口座解約のための金融機関とのやり取り等全てを挙げようとしたら気が遠くなってしまうかもしれません。 しかし、相続は被相続人に関する手続きだけをすればよいわけではありません。 今回は、状況に応じて相続人がしなければならない、またはすべきではない相続の方法を見ていきます。 相続の方法……

  • 遺言書|遺したい人に遺すための書き方【行政書士執筆】

    民法では、相続人の相続分を定めていますので、原則、これに従って遺産を分けることになります。この民法で定められている相続分を法定相続分といいます。例えば、「子及び配偶者(妻)が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各2分の1とする」というように定められています。被相続人(父親)の遺産が1,000万円だったとします。この場合には、子及び配偶者(妻)……

  • 死後、何かを頼みたいときに必要な遺言書【行政書士執筆】

    民法では、相続人の相続分を定めていますので、原則、これに従って遺産を分けることになります。この民法で定められている相続分を法定相続分といいます。例えば、「子及び配偶者(妻)が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各2分の1とする」というように定められています。被相続人(父親)の遺産が1,000万円だったとします。この場合には、子及び配偶者(妻)……

  • 遺言書が必要になる場面、個別の事情があるとき【行政書士執筆】

    民法では、相続人が開始した場合の相続分を定めていますので、原則、これに従って遺産を分けることになります。この民法で定められている相続分を法定相続分といいます。例えば、「子及び配偶者(妻)が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各2分の1とする」というように定められています。被相続人(父親)の遺産が1,000万円だったとします。この場合には、子及……

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス