• 遺言の執行に関する手続き|遺言執行者の義務と権限、遺言執行の流れ【行政書士執筆】

    親族が亡くなった場合に、遺品の整理をしていると「遺言」が見つかることがあります。遺言が見つかった場合に、どういった流れで何をすればよいのでしょうか。 今回は遺言の執行に関する手続きについて、遺言執行人の選任から、遺言執行者の義務と権限、遺言執行の流れについてご説明します。 遺言とは まず、遺言とは何かを簡単に説明していきます。遺言とは、被相続人の最後の……

  • 遺言がないことで相続争いが生じることも!?遺言に関するQ&A【行政書士執筆】

    「遺言」という言葉、この言葉を聞いたことがあるという方がほとんどではないでしょうか。しかし、なんとなくのイメージはあっても、「遺言」が何か?と聞かれると正確に答えられる方は少ないと思います。 「遺言」とは、一般的には残された遺族の方に向けたメッセージとしての意味合いで使われているかもしれません。しかし、遺言は、自分が生涯をかけて築き、かつ守ってきた大切な財……

  • 単純承認|相続の方法【行政書士執筆】

    相続は、多くの煩雑な手続きがあります。 例えば、死亡届や葬式の準備、口座解約のための金融機関とのやり取り等細かいものまで挙げたら途方もなく感じてしまうかもしれません。しかし、相続は被相続人に関する手続きのみをすればよいわけではありません。 今回は、状況に応じて相続人がしなければならない、またはすべきではない相続の方法を見ていきます。 相続の方法 相続……

  • 火葬や埋葬、改葬に必要な手続き【行政書士執筆】

    親族が亡くなった場合、まず始めに病院などが発行する死亡診断書や死体検案書と共に死亡届を提出します。そしてその次に行う手続きが火葬許可証を発行して行う火葬と埋葬許可証を発行して行う納骨です。また、お墓の場所が遠いという理由などでお墓の場所を変える場合には「改葬」という手続きが必要になります。この記事では、「火葬」「埋葬」「改葬」の手続きなどについて詳しく紹介し……

  • 亡くなった人の借金で慌てないために|借金の確認方法から相続放棄まで全解説

    生前から借金があることがわかっていれば、ある程度の準備ができますが、亡くなってから多額の借金がありことがわかり、パニックになってしまうケースがあります。また、借金の有無や額が不明なまま亡くなってしまったときには、相続人自身で借金の全容を確認しなければなりません。 この記事では、亡くなった人の借金で相続人とその家族が慌てたり、苦しんだりすることにならないよう……

  • 相続放棄にかかる費用。自分でする時と専門家に依頼する場合をケース別に【司法書士監修】

    相続放棄にかかる費用には、家庭裁判所に支払う手数料や書類の請求にかかる手数料などがあります。また、専門家に依頼する場合にはその費用も発生します。この記事では、相続放棄の手続きに共通してかかる手数料、ケースによっては必要な費用、さらに専門家に依頼する場合の費用相場など、相続放棄の手続きにかかる費用とその内訳をご説明します。 この記事はこんな方におすすめ:相続……

  • 親の借金は相続放棄するだけでは危険!相続放棄の手順と守るべきマナー

    被相続人に借金があっても、相続放棄をすることで、相続人は借金を引き継ぐことなく自身の生活を守ることができます。しかし、あなたが相続放棄をした借金は、消えてなくなるわけではありません。あなたの代わりに相続人になった人に返済義務が移るだけなのです。 本記事では、あなたが相続放棄をすることによってどのように相続権が移るのか、どうすれば誰にも借金を背負わせることな……

  • 兄弟姉妹の相続人になるのはどんなとき?|いざというとき、慌てないために知っておきたい相続放棄の手続きもご紹介

    相続には、相続順位というものがあります。この順位では、被相続人の兄弟姉妹は相続順位が低く、一般的な相続では、相続権を得ることは、それほど多くないのではないでしょうか。 ところが、相続順位の高い人が相続放棄をするようなケースでは、思わぬ人が相続人になってしまうこともあります。あらかじめどのようなときに被相続人の兄弟姉妹が相続人になるのか知っていれば、いざとい……

  • 財産評価基本通達とは?相続税計算の基礎となる財産評価基準

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2020年12月1日に公開された記事を再編集したものです。相続税の計算のためには相続財産を評価しなければなりません。 相続財産の評価方法について調べていると、「財産評価基本通達」という言葉に出くわすことがあるでしょう。 この記事では、「財産評価基本通達」についてご説明します。 財産評価基本通達と……

  • 土地の相続放棄はできるのか?|土地を相続放棄すべきケースや注意点

    被相続人の財産に土地・家屋があると、その価値を正確に知ることは難しいため、財産の全容がわかりにくくなります。また、相続放棄をした後も管理を続けなければなりません。そのため、そのほかの財産と異なり、相続したくないからといって、必ずしも相続放棄が最良の選択ではないケースもあります。 この記事では、土地・家屋を財産としてどのように評価すべきか、相続したくないとき……

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス