• 遺産分割について|遺産分割のための手続きと注意点。トラブルを防ぐためのポイント【行政書士監修】

    遺産分割とは、遺産を残した人(被相続人)が遺言をせずに死亡した場合に、誰(どの相続人)が、どの遺産を受け取るかを確定させる手続きです。 相続が開始すると、被相続人の財産は、全相続人の共有・準共有状態になります。この共有・準共有状態を解消させる手続が遺産分割です。相続人同士で十分にコミュニケーションをとりながら進めていかないと、遺産の内容や家族の関係によって……

  • 遺贈寄付とは?遺贈と相続の違いから対象になる財産まで

    身寄りのない人が「自分の亡き後に財産を世の中の役に立つ形で使ってほしい」と希望することもあります。そのような場合にぜひ検討したいのが「遺贈寄付」です。 遺贈とは 「遺贈」は「相続」とはどう違うのでしょうか? 相続とは、法定相続人(民法で定められた範囲の相続人)に自分の遺産を引き継がせることですが、遺贈とは、本来は法定相続人ではない人に対し、遺言書を使っ……

  • 相続欠格・廃除とは?特定の相続人に相続させない方法を詳しく解説

    相続人にふさわしくない人もいる 民法では、法定相続人(民法で定められた範囲の相続人)と呼ばれる一定の「相続権を持つ人の範囲」が決められています。 しかし、中には相続財産を渡すのにふさわしくない人もいるため、「相続欠格」「廃除」と呼ばれる手続きにより相続人から除外する制度があります。 「相続欠格」とは? 民法による法定相続人は、被相続人(亡くなった人)……

  • 遺言執行者は誰にすべき?選任方法や役割、必要なケース、費用の負担など全てを解説!

    遺言書を書く上でぜひともしておきたいことに「遺言執行者の指定」があります。 遺言書があったとしても、遺言執行者の指定をしていない場合はその本来の効力が発揮されなくなってしまうこともあるため注意しなければなりません。 遺言執行者が必要な場合と役割 遺言執行者の役割を簡単に言えば「遺言書に指定された内容を実現するため、遺産の管理や処分を行うこと」です(ただ……

  • 相続税の基礎知識|相続税の対象になる財産と計算方法、控除額、申告と納税の仕方【税理士監修】

    相続に関する法律や制度の改正により、一部のお金持ちだけでなく一般の人にも身近になった相続税。かつての相続税は相続件数の約4%のみが課税対象で、一部の富裕層のみに関係する税金でした。しかし、平成27年の税制改正では基礎控除額が大幅に引き下げられ、課税対象者が約2倍に拡大しました。現在では首都圏を中心とする不動産価格の上昇も相まって、対象者はさらに増加傾向にあり……

  • 相続不動産の固定資産税|相続人が確定するまで故人の税金を負担するのは誰?

    持ち主が亡くなった家にも税金はかかる? 1月1日の時点で、固定資産税課税台帳に「所有者」として名前が記載されていれば、たとえその人が亡くなっていたとしても、固定資産税課税通知書が届きます。故人の所有だからといって、固定資産税を納める必要がないわけではありません。 相続に強い専門家を無料でご紹介。相続のお悩みには「いい相続」の無料相談をご活用く……

  • 相続と法定相続人|相続人の範囲と相続順位、法定相続分について【行政書士監修】

    相続とは、亡くなった人の遺産を血縁者などに引き継ぐことを指します。 相続には大きくわけて、遺言による相続と法律の規定に基づく相続の2つのタイプがあります。遺言がある場合には、基本的に遺言による故人の意志を尊重した相続となりますが、遺言がない場合には法律の規定に基づく相続がおこなわれます。また、相続人については、「法定相続人」として民法で定められた順位に従っ……

  • 雑種地の評価方法を理解して相続税申告に備えよう!税理士が解説

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2020年8月4日に公開された記事を再編集したものです。土地を相続したら、相続税の申告要否判定や税額計算のために、その土地を評価する必要があります。 その際、雑種地ついては、どのように評価すればよいのでしょうか?出来るだけわかりやすく丁寧に説明します。 土地の評価方法は地目によって異なる 土地の評価方法……

  • 相続時精算課税制度の適用後の相続税申告書の書き方と添付書類

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2020年7月30日に公開された記事を再編集したものです。相続人の中に相続時精算課税適用者がいる場合、相続税の申告はどのように行えばよいのでしょうか? この記事では、申告が必要になるケース、相続税申告書の書き方、添付書類等についてわかりやすく説明します。 なお、相続時精算課税制度については「相続時精算……

  • 相続税の速算表を用いて税額を計算する方法【改正後の最新版】

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2020年7月29日に公開された記事を再編集したものです。相続税の税額を計算する際は、速算表を用いると便利です。 この記事では、相続税の速算表を用いて税額を計算する方法について説明します。 なお、法改正によって、2015年(平成27年)1月1日から、相続税の税率が変更されました。 2015年以降……

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス