• 遺言書を作成する際にお願いした方がいい専門家はどの士業でしょうか?

    質問者:T.T 相続を手掛ける専門家としては弁護士、司法書士、税理士、行政書士などさまざまな種類がありますが、遺言書作成についてはそのご家庭の状況に応じて依頼先を使い分ける必要があります。 総財産の量が多い場合 財産総額が多いご家庭であれば最初に相談するべき先は税理士が最適です。遺産分割方法を考える際にやはり節税という観点を外しては考えられないからです。……

  • 遺産分割で兄弟喧嘩をせずに、相続をスムーズにおこなうコツは?

    質問者:N.K 父はいつも「もし自分が死んでも、相続で兄弟喧嘩をするなよ」と言っています。相続分割がスムーズにおこなわれるコツってありますか? 相続で兄弟喧嘩をせずに遺産分割をなるべくトラブルなく進めるためのコツは、財産を残す人(被相続人)が遺志を明確に表しておくことです。お父様がお元気なうちに、相続人全員が納得できるような内容の遺言書を遺しておいて……

  • 相続税を申告の際に税務調査があると聞きましたが、どんな調査をされるのでしょうか?

    質問者:S.N 相続税の税務調査は他の税務申告と比べても件数が多いものですが、さまざまな視点から調査をされ、高い確率で申告漏れを指摘されます。 相続税の税務調査 相続税の税務調査はどのくらいの頻度で行われるか 相続税については、大体相続税の申告4、5件に対し1件程度の割合で税務調査が行われています。そして、税務調査を受けた案件の8割程度は何らかの指摘を受……

  • 1億2000万円の相続分割で相続税はいくらくらい払うものですか?

    質問者:Y.N 相続税の計算は、単純に自分がいくらもらうからこの金額になるというわけではなく、いくつかのステップを踏んで最終的な税額が算出されます。 相続税計算のプロセス 相続税の計算は大きく分けて3つの段階に分かれます。 1.相続人各人の課税価格を求めて合計する。 2.基礎控除後の課税価格を法定相続分(民法で定められた相続分)で分けて税額を算……

  • 税理士に相続税の手続きをお願いしようと思っていますが、税理士に払う費用は相続税の何%くらいになるものでしょうか?

    質問者:M.S 現在、税理士の報酬は自由化されており、〇円の遺産なら一律で〇〇円、というわけではなく各事務所の規定によって異なります。 現在、士業の報酬は軒並み自由化されている 税理士だけでなく弁護士、司法書士など「士業」と呼ばれる職業の報酬はいずれも自由化されており、各事務所がそれぞれの内部規定に基づいて報酬を請求しています。 ただ、以前あったそれぞ……

  • 遺言を残すにもお金がかかると聞きました。いくらくらいかかるものでしょうか?

    質問者:J.W 遺言書を書く場合、どのような方式で作成するのか?法律専門家に文案作成を依頼するのかなどさまざまな条件で費用が変わってきます。 遺言の方式 一般的によく使われる遺言書の方式は「自筆証書遺言」および「公正証書遺言」の2種類です。 このうち、自筆証書遺言は自宅などで自分で作成するため、文案も自分で準備するのであれば一切費用はかからないことにな……

  • 贈与税の納税が必要となりました。相続税に比べ楽そうなので士業に頼まなくても手続きができるものでしょうか?

    質問者:H.I 贈与税は、たしかに相続税に比べれば計算方法が複雑ということもなく一見楽に見えるのですが、申告に至るまでの各種判断の過程等を考えるとやはり税理士に依頼しておいた方が望ましいといえます。 贈与税は国税最高レベルの税率 贈与とは、ある人がその年の1月1日から12月31日までにもらった金銭その他財産価値があるものが基礎控除額(110万円)を超えた……

  • 学生時代に親からもらっていた仕送りには贈与税がかかりますか?

    質問者:T.I 親子間のような扶養義務が発生する者の間では「通常、必要となる生活費や学費」については贈与税が課せられません。 扶養すべき者に対する贈与は無税 基本的に、贈与税は年間110万円を超える贈与を受けた受贈者が申告・納税の義務を負っています。ただ、そういった基礎控除の範囲や各種特例をまったく考えなくてよい贈与もあります。 扶養の義務を負っている……

  • 死後、友人にも財産を分けたいと思い、遺言も書きました。そこにも相続税はかかるのですか?

    質問者:T.K 被相続人(亡くなった人)は生前に遺言書を書いておけば、自分の渡したい相手に相続財産を渡すこともできます。ただ、そこにはいくつかの注意が必要です。 親族以外が財産をもらっても相続税はかかる 基本的な相続人は民法によって定められていますが(法定相続人)、それ以外の人に相続財産を渡したい場合には「遺言書」によって定めておけば可能です。 ……

  • 相続資産も負債もある場合の相続税の計算方法を教えてください。

    質問者:M.T 相談者の場合は1億4000万円の負債は相続財産から差し引くことが可能ですので、そうなると相続税申告はそもそも不要ということになります。 つまり、相続税を支払う必要がありませんので全体として見た場合、マイナスにはならず相続放棄する必要はありません。 基礎控除とは?相続税とは、そもそも発生した相続すべてにかかるものではなく、相続財産の金額が「3……

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス