• 農地の相続税には、納税猶予特例の 活用がおすすめ!

    この記事はこんな方におすすめ:親が農業を営んでいる方、農地を相続する可能性がある方 農地の評価方法は4種類の区分によって異なり、相続税評価額が高額になる場合もある 農業を継続する相続人は、要件を満たせば相続税の納税猶予の特例が受けられる 納税猶予特例の適用を受ける際には充分な検討が必要 農地を所有している人に相続が発生……

  • 葬儀の後にやること|4コマでわかる!ゆる相続【第2話】

    葬儀後、すぐにおこなうべき手続きは下記の4つです。故人の状況に合わせ、速やかに対応しておきましょう。 死亡退職届の提出 故人が在職中に亡くなった場合は、なるべく早くその事実を故人の職場に報告し、死亡退職届を提出しましょう。雇用保険被保険者資格喪失届、健康保険・厚生年金被保険者資格喪失届の提出については、勤務先の方で対応します。 健康保険被保……

  • 相続発生直後にやること|4コマでわかる!ゆる相続【第1話】

    相続発生の直後におこなうべきことは下記の5つです。それぞれの注意事項や提出先を確認しておきましょう。 死亡診断書(死体検案書)を用意する 死亡診断書(死体検案書)とは、人の死亡を医学的・法律的に証明する書類です。死亡届の提出や火葬などの際に必要です。故人を診療していた医師や、死亡を確認した医師により発行されます。 死亡届を提出する 死亡届……

  • パソコンで作成、代筆もできる!秘密証書遺言の作り方

    遺言書は、亡くなった人の意思を示す大切なものです。適当に紙に書いて残しても効力はなく、正式な手順や内容で作成し保存することで有効になります。ご自分の思いに沿った財産の残し方を実現するため、そしてご遺族が争わないため、遺言書を正式な方法で作成しておくことはとても重要なことです。 一般的に用いられている遺言書の形式は公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言の3……

  • 自筆証書遺言の開封前に必ず確認!検認が必要なケースと手続きの流れ

    自宅などで保管していた自筆証書遺言や秘密証書遺言を発見した場合、家庭裁判所で検認をおこなう必要があります。また遺言書に封印がある場合は、相続人が勝手に開封することも認められていません。この記事では検認について、ご説明します。 この記事はこんな方におすすめ:これから遺言書を書こうとしている方、遺言書を保管している、または発見した人 自筆証書遺言は、……

  • 【訂正例つき】自筆証書遺言の訂正・書き直し方法。財産目録の訂正の仕方も

    自筆証書遺言は誰でも手軽に作成することができる反面、全文を手書きで書かなければならないなど、さまざまなルールがあります。一度作成した自筆証書遺言を訂正する場合も、法律でその方法が定められています。この記事では、自筆証書遺言の加除訂正の仕方についてご説明します。 この記事はこんな方におすすめ:以前書いた自筆証書遺言を書き直したい方 遺言書は、いつで……

  • 相続登記義務化でどう変わる?失敗しない不動産の相続とは?司法書士花沢良子氏インタビュー

    この記事はこんな方におすすめ: 「相続登記の義務化について内容を知りたい方、専門家の考えを知りたい方」 相続登記がされない原因は土地の価値とまとまらない遺産分割?! 遺言書が相続登記問題の有力な解決策の一つになる可能性も 身近な人に相談しにくい財産の心配、自分にぴったりな手続きを提案してくれる専門家に相談するのが近道! ……

  • 車は相続財産?車の所有者が亡くなったときの手続きや注意点

    この記事はこんな方におすすめ: 「車を相続する人、相続する可能性のある人」 車の所有者が誰なのかを確認することが重要 100万円以上の普通自動車の相続手続きには遺産分割協議書が必要な場合もある 普通自動車と軽自動車では、手続きの場所や書類が異なる 故人が所有者として登録されている車は相続財産です。相続人が複数人いる……

  • 家族信託で認知症に備える方法|注意すべき点とよくある疑問

    この記事はこんな方におすすめ: 親が認知症になった際の備えとして家族信託を役立てる方法を知りたい方 認知症になると本人名義の預貯金が凍結され、不動産が売却できなくなる 家族信託は委託者が認知症になってからでは基本的に契約できない 軽度認知症の場合、家族信託の契約が可能な判断力があると認められることも 社会の高齢化が……

  • 遺言書の書き方がわかりません。ひな型や見本ってありますか?

    遺言書を書こうと思うのですが、書き方がわかりません。自分で書くためのひな型や見本はありますか? 自筆証書遺言にひな型や例文は、インターネット上や書籍などで多数公開されています。法律で定められた要件に従っていれば、内容は自由に書くことができますので、参考にしてみるのも良いでしょう。 ただ、ひな型や見本をそのまま使ってしまうと、遺族間のトラブルにつながる……

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス