• 家族信託|事前の話し合いから書類の作成、信託登記と信託口口座の開設までの流れ

    この記事はこんな方におすすめ: 家族信託の手続きの概要を知りたい方 家族信託手続きでは、まず最初に目的と内容を決める 家族信託契約書を公正証書にしておくと、公証人が契約の成立を証明してくれる 信託口口座を開設しておくと、万が一受託者が信託事務をおこなえなくなって後継受託者が引き継ぐときに、口座も引き継ぐことができる ……

  • 相続税の修正申告が必要なケースとペナルティー、加算税と延滞税

    この記事はこんな方におすすめ: これから相続税の申告をする方・相続税申告後に新たに財産が見つかった方 申告内容間違いや申告漏れがあると税務署の実地調査の対象にされやすい 相続税の修正申告で追加納税した場合、過少申告加算税と延滞税などのペナルティーが課される 税務署からの指摘前に、自主的に修正申告をした場合、過少申告加算税は免除 ……

  • 多すぎる弔慰金は相続税の課税対象となることも!?知っておきたい弔慰金と死亡退職金のこと

    この記事はこんな方におすすめ: 企業からもらった弔慰金にかかる相続税について知りたい方 一定額までの弔慰金には相続税がかからない 相続税が非課税となる弔慰金の額は、死亡時の給与と死亡理由によって決まる 弔慰金と死亡退職金の違いは?両方受け取ったときの相続税計算は要注意 企業に勤務していた方が亡くなられたとき、企業か……

  • 行政書士は怖くない!|バイク好きYouTuber行政書士・福森相仁氏インタビュー

    この記事はこんな方におすすめ: 行政書士の相続業務への考えや思いについて知りたい方 行政書士に相談するハードルは全然高くない(身近な士業の代表格) 生前準備手続きは死後の場合と違って顧客に応じた柔軟な提案ができるため、それぞれの行政書士の特徴や強みが出やすい 死後の相続手続きをスムーズにするためにも生前からの準備が重要 ……

  • 相続登記が義務化、違反の場合は過料も。令和3年4月21日国会で成立

    所有者不明土地問題に関する改正不動産登記法などの関連法案が2021年4月21日、参院本会議で可決し成立しました。これにより相続登記が義務化。相続登記とは「相続した不動産を相続人の名義に変更すること」を言いますが、今までも登記という仕組みがあったのに、なぜ「義務化」がされ、怠ってしまった場合には過料が科されることになるのでしょうか。 この記事はこんな方に……

  • 限定承認の手続きは自分でできますか?

    事業をおこなっていた親族が他界しました。独身だったので私が相続することになりましたが、債務がどのくらいあるのかわからないので限定承認を考えています。手続きは自分でもできますか? 制度上は限定承認の手続きも自分でできることになっていますが、一般の方が限定承認の手続きをおこなうことは、現実的には難しいでしょう。 限定承認の場合は、家庭裁判所への申述後、清……

  • ひとり世帯が甥や姪に財産を残したいと思ったら。相続と贈与どっちになるの?

    おひとりさまと言われているひとり世帯、人生アクティブに過ごしてきたけれど、そろそろ終活を考えてみよう……。そんなとき、ふと、自分が亡くなったら大切な財産はかわいい姪っ子(甥っ子)に相続してあげたいという望みが脳裏に浮かぶかもしれません。 この記事では、被相続人の甥や姪が相続人になれるのか、財産を残してあげるにはどのような方法があるのかなどについてご紹介します……

  • 終活セミナーで相続相談|オリジナルエンディングノートを生かし、老後・将来の不安を払拭(行政書士インタビュー)

    この記事はこんな方におすすめ: 自分の老後・将来のことが気になるが、周囲に相談ができる人がいない方 エンディングノートに法的な効力はないが、その人の遺志が繋がる 終活というのは単にお葬式やお墓の話だけではない 必要に応じて税理士や弁護士につなぐのも、行政書士の大切な仕事 生命保険会社から銀行に、そして外資系の生命保……

  • 相続税と贈与税の違い|生前贈与をする・しない、トータルで税負担が少ないのはどっち?

    この記事はこんな方におすすめ: 生前贈与が得なのか、損なのかを知りたい方 生前贈与を上手に活用すれば、税負担はトータルで軽減できる 生前贈与をした方がよいのか?ーポイントは贈与できる期間と贈与税の負担率(実効税率) 控除や特例などの適用で、税負担は大きく変わる 生前贈与には高い贈与税がかかるというイメージをお持ちで……

  • 遺産分割調停・審判の管轄裁判所はどこ?相手方が複数なら?

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2021年2月26日に公開された記事を再編集したものです。遺産分割調停・審判は、どこの裁判所に申立てをすればよいのでしょうか? 自分の近くの裁判所でよいのでしょうか?相手方の近くでないといけないのでしょうか?それとも亡くなった人の近くでしょうか? また、相手方が複数の場合は、誰の近くの裁判所に申立……

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス