• 記入例付!相続放棄申述書の書き方。必要書類一覧と提出方法【司法書士監修】

    相続放棄の手続きをするときに必要な書類のひとつが「相続放棄申述書」です。相続放棄申述書の作成には、戸籍謄本の取り寄せなど手続きが必要です。 この記事では、相続放棄の書類について、相続放棄申述書の入手方法と書き方、提出先や提出方法、添付書類などをご説明します。 この記事はこんな方におすすめ:相続放棄を検討している方、相続放棄申述書の書き方を探している方 ……

  • 相続放棄手続きを自分でする方法|書類の準備から手続き内容、費用、期間など。もし相続放棄が認められない場合は?

    故人が家族にも内緒で借金をしているケースも! 被相続人に借金や未払い金はないか、知らないうちに保証人になっていないかなど、しっかりと調べる必要があります。自分で調べられない・不安があるといったときには、専門家に依頼しましょう。 相続に強い専門家を無料でご紹介。財産調査は「いい相続」の無料相談をご活用ください。 親が多額の借金を残して亡くなったときでも、子……

  • 法定相続情報一覧図(法定相続情報証明制度)どんな手続きに利用できる?流れや費用まとめて解説【行政書士監修】

    相続登記を促進するための法定相続情報証明制度! 相続登記や相続税の申告などを専門家に依頼する場合は、他の手続きとまとめて依頼するのがお勧めです。 専門家との無料相談はこちらから。ご希望の地域等をお選びください。 被相続人と法定相続人の相続関係を法務局の登記官が認証する、法定相続情報証明制度。 法務局が交付する法定相続情報一覧図の写しは、相続登記だけでな……

  • 成年後見制度でできること!長所と短所、必要な費用から申立ての仕方まで全解説

    社会の高齢化が進む中で、認知症や判断力の低下した方を狙った詐欺や、高額の商品・サービスを売りつけられるなどの事件に巻き込まれるケースが大きな問題になっています。このような被害から被後見人を守るのが成年後見制度です。 この記事では、成年後見制度について、法定後見制度と任意後見人制度それぞれの詳細や違い、メリット・デメリット、成年後見人を依頼する場合に必要な費……

  • 相続に関わる時効|知らなかった!は許されない相続手続きの時効とその根拠【行政書士監修】

    被相続人が亡くなると、家族である相続人は通夜や葬儀で思った以上に忙しくなります。それに加え、相続に関するさまざまな手続きもしなければなりません。そして、これらの手続きには時効があり、期日を過ぎてしまうと取り返しのつかないものも多くあります。 この記事では、相続の手続きに関わる時効を詳細にご紹介します。法律の時効に知らなかった、は通じませんのでしっかり理解し……

  • 相続人がいないときの相続財産の行方と不動産のリスク【行政書士監修】

    遺産相続において、相続開始の時点で相続人がいない、またはいるかどうかがわからない状態を「相続人不存在」といいます。相続人不存在となるのは、被相続人の遺産を相続する相続人がいない場合や、また相続人はいるものの、被相続人のマイナスの財産が多く、全員が相続放棄をした場合などが考えられます。 いずれの場合も、「相続人不存在」になると、残された財産は「国庫に帰属する……

  • お宝をもらったときに考える「贈与」と「相続」のこと

    今まさに年末の国民的恒例行事のひとつ、大掃除の時期ですね。外出のままならない今年、終活、断捨離と銘打って整理をされる方も例年より増えるかもしれません。もしも物置に眠っていたガラクタの中に、とんでもないお宝が・・・!そんな夢のようなお話を「贈与」と「相続」という視点で考えてみたいと思います。 相続と贈与の違いとは何だろう 贈与と相続。どちらを調べても、必ず……

  • 相続税の障害者控除|障害者の税額控除に必要な要件と控除額

    相続人に障害のある方がいる場合は、相続税の申告の際に、障害者控除(障害者の税額控除)を受けることができます。 障害者控除は、障害者本人だけでは使いきれないほど高額になることもあります。その場合は、扶養義務者であるほかの相続人の相続税額から、控除しきれなかった分を差し引くことができます。 もし障害者手帳などを持っていない場合でも、一定の要件を満たしていれば……

  • 相続分の譲渡|相続放棄との違い、メリットとデメリット

    相続が発生したときに、「自分の相続分を別の相続人に譲りたい」「遺産分割協議に参加したくない」というケースもあります。そのときに選択できる方法のひとつが相続分の譲渡です。 相続分の譲渡では譲りたい人と譲って欲しい人の合意だけでおこなえます。しかし、知らずに譲渡をすると後からトラブルになることも考えられます。 この記事では、相続分の譲渡の方法や譲渡できる相手……

  • 遺言信託、民事信託、家族信託の違いとメリット・デメリット

    相続に関する解説書やパンフレットを読んでいると、しばしば「遺言信託」というキーワードを目にします。一般的には、信託銀行などの信託会社が提供している「遺言信託サービス」を指すことが多いようですが、実はそれ以外にも重要な意味が含まれているのです。 例えば最近、相続対策のひとつとして注目されているのが「民事信託」や「家族信託」です。 自分の財産を信頼できる……

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス