• 抵当権が付いている不動産を相続する前に知っておくべきこと

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2020年11月18日に公開された記事を再編集したものです。本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2020年11月18日に公開された記事を再編集したものです。被相続人(亡くなった人)の所有していた不動産(土地・建物)に抵当権が設定されている場合、相続人はどのように対応すればよいのでしょうか?わかり……

  • 相続放棄の理由が”関わりたくない”という場合の申述書の書き方

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2020年11月18日に公開された記事を再編集したものです。「遺産分割協議に関わりたくない」という理由で相続放棄したい場合、相続放棄申述書の「放棄の理由」欄にはどのように記載すればよいでしょうか? このようなケースにおける書き方について、弁護士がわかりやすく説明します。 是非、参考にしてください。……

  • 遺産相続をしたら準確定申告は必要?申告の内容と手続きを解説!【税理士監修】

    相続手続きの中には「準確定申告」という手続きがあります。あまり聞きなれないこの準確定申告とはどのようなものなのでしょうか。 人が亡くなると、亡くなった後でも故人の税の申告が必要な場合があります。例えば被相続人の確定申告は、故人の相続人がおこなわなくてはいけません。相続人が被相続人に代わっておこなうこの確定申告のことを、準確定申告と言います。 この記事では……

  • 相続放棄の熟慮期間(期限)の伸長(延長)でどのくらい延びる?

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2020年11月16日に公開された記事を再編集したものです。相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月の熟慮期間(期限)内に、単純承認、限定承認又は相続放棄をしなければなりませんが、この熟慮期間内に相続人が相続財産の状況を調査しても、なお、単純承認、限定承認又は相続放棄のいずれをするかを……

  • 漢字の成り立ちから読みとく、遺言の意味

    11月15日は「いい遺言(いごん)の日」です。 相続に関する意識を日ごろから高める目的で、2006年にりそな銀行が制定しました。同様の記念日は、4月15日の「遺言の日」(日本弁護士連合会)、1月5日の「遺言の日」(日本財団)などもありますが、それだけ相続や遺言に関心が高まっているということかもしれません。 今回は、「遺言」という言葉にはそもそもどのような……

  • 不動産(土地・建物/家屋・マンション)の相続税評価額の計算方法

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2020年11月13日に公開された記事を再編集したものです。本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2020年11月13日に公開された記事を再編集したものです。土地、建物、マンションといった不動産を相続や遺贈(遺言によって財産を取得させること)によって取得した場合、相続税がかかるかどうかや、いくらか……

  • 相続税はいつ払うのか?

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2020年11月12日に公開された記事を再編集したものです。相続税はいつ払うのでしょうか? 相続税の納付期限についてわかりやすく説明します。是非、参考にしてください。 相続税はいつ払うのか? 相続税は、ざっくり言うと、被相続人(亡くなって財産を残す人)が亡くなってから10か月以内に払わなければなりません……

  • 相続登記で遺産分割協議書が必要なケース、使いやすいひな形【弁護士監修】

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2020年11月6日に公開された記事を再編集したものです。相続登記で遺産分割協議書が必要になるのは、どのようなケースでしょうか? また、遺産分割協議書はどのように作成すればよいのでしょうか?相続登記用と他の目的のものとでは違いがあるのでしょうか? この記事では、相続登記と遺産分割協議書に関する以上のような……

  • 相続登記が義務になるって本当?所有者不明土地・空き家問題、相続登記の現状と登記しないことのデメリット【行政書士執筆】

    不動産の相続登記を義務化するために政府は2020年の秋の臨時国会に法案を提出する予定です。相続登記が義務化された場合に相続手続きにどのような影響が出るのでしょうか。 この記事では現在検討されている情報をもとに相続登記の義務化について、相続登記の現状や相続登記が進まない理由、そして相続登記をおこなわないことのデメリットなどについて解説していきます。 相続登……

  • 不動産相続|相続税評価額の計算や手続き・不動産の相続税対策

    不動産は、遺産の中でも大きな割合を占めることが多いため、相続税対策での利用価値も高くなります。一方で、評価が難しかったり分割しにくいという側面もあります。 不動産を相続する側・される側どちらにも役に立つ、相続税の知識をご紹介します。 この記事では、不動産の相続税評価額の算出方法や申告方法、相続登記、不動産を利用した相続税対策など、不動産にまつわる相続の情……

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス