• 遺産分割調停・審判の管轄裁判所はどこ?相手方が複数なら?

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2021年2月26日に公開された記事を再編集したものです。遺産分割調停・審判は、どこの裁判所に申立てをすればよいのでしょうか? 自分の近くの裁判所でよいのでしょうか?相手方の近くでないといけないのでしょうか?それとも亡くなった人の近くでしょうか? また、相手方が複数の場合は、誰の近くの裁判所に申立……

  • 相続税の計算で相続財産から控除できる葬式費用とは?

    この記事はこんな方におすすめ: 「葬儀費用を負担する人」「相続税計算の際の控除項目を知りたい人」 葬式の費用は相続税の計算上、相続財産からの控除が認められている 葬送、火葬代などの必要不可欠な葬式費用が控除の対象になる 葬式費用を相続財産から支払うときは、手続きが必要 近年では、参列者を招いた一般葬、家族のみの家族……

  • 被相続人が外国人(外国籍)のときの相続|本国法や相続税に関する注意点

    この記事はこんな方におすすめ: 外国籍をもつ方が亡くなったときに、遺産を相続する可能性がある方 被相続人のもつ国籍に日本国籍が含まれている場合は、日本の法律に準拠して相続をおこなう。 被相続人が外国籍をもつ場合も相続税が課されることがある。 被相続人の国籍に関係なく日本国内の不動産の相続には相続登記が必要。 法務省……

  • ペットのための遺言の書き方は?死因贈与契約や信託など、飼い主の相続準備

    この記事はこんな方におすすめ: 自分にもしものことがあった時に、ペットのことが心配な方 ペットに遺産は残せないが、ペットを世話してくれる人に財産を残すことは可能 ペットのために財産を残すには、遺言により負担付遺贈をおこなう方法もある ペットのために財産を残すには、負担付死因贈与契約や負担付生前契約、信託もある 自ら……

  • 相続財産│遺品整理の不安を解決!遺品整理サービス業者に聞いた、作業の流れと依頼のポイント

    この記事はこんな方におすすめ: 「遺品整理を検討している人」「専門業者に頼んだらどのようなことが行われるのか気になっている人」 遺品整理は現地で見積もりをして内容に納得してから依頼 遺品整理当日は立ち会って相続財産になるものを確認 遺品整理で知る故人の最後の生活の様子 相続財産を調べるためにも遺品整理は必要です。専……

  • 2月23日は税理士記念日|記念日の由来と相続相談するときの注意点

    この記事はこんな方におすすめ: 税理士に相続相談したい方 税理士の主な3つの業務は税務代理、税務書類の作成、税務相談 税理士の業務を税理士以外の人がおこなうのは、法律によって原則禁止 すべての税理士が相続問題に詳しいわけではない 2月23日は税理士記念日です。1942年(昭和17年)2月23日に税務代理士制度ができ……

  • 相続税還付|納め過ぎた税金が戻ってくる?還付請求のポイントと手続きの流れ

    この記事はこんな方におすすめ: 相続税が還付される可能性があるか知りたい方 相続税の還付請求手続きは、相続の開始を知った日の翌日から5年10ヵ月以内に 相続税還付のポイントは土地の評価 相続税還付の手続きは相続税を専門とした税理士に依頼する 相続税を納め過ぎていても、税務署が納税者に対して自ら指摘して返金をしてくれ……

  • 財産目録の作成理由から書き方まで分かりやすく解説【項目別の記入例付き】

    財産を保有する方が亡くなると、その財産を家族など特定の方に引き継ぐための手続きをします。財産の内容によっては、期限内に相続放棄の手続きをしたり、相続税の申告をしたりしなければなりません。 この判断の助けになるのが財産目録です。 この記事では、財産目録を作成する理由や作成の注意点についてご紹介します。 この記事はこんな方におすすめ: 「複数人で遺産……

  • 相続のお悩みや遺産分割の疑問は「いい相続」で解決!無料相談の流れ

    相続を経験するのは一生に1、2回程度なのに、その手続きはとても複雑で専門的。 多くの方が苦労されるのも納得です。 「遺産相続、一体何から手続きすればいいの?」 「相続手続きの代行を専門家に依頼したいけど当てがない……。」 そんなお悩みに、いい相続がお応えします。 相続でこんなお困りごとはありませんか? 家族が亡くなったが、何から手続きすれば……

  • 不動産は長男に、貯金は長女ではなく次女に譲りたいです。

    自分に何かあった時は不動産は長男に、貯金は長女ではなく、妻の死後ずっと面倒を見てくれている次女に譲りたいです。いい方法はありますか? 遺言書を作成することで、希望に合わせて財産の譲り方を決めることができます。 遺留分に考慮した遺言書の作成を 遺言書を作成し、長男に不動産を、貯金は長女の分として遺留分のみ残して、あとは次女に譲ることができます。 ……

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス