1分で診断!
あなたに必要な相続手続き

4つの質問に答えるだけで、あなたに必要な相続手続きがわかります。面倒な手続きも多いですが、まずはやるべきことをきちんと把握することが大事です。

相続

  • 金融機関(メガバンク)の相続手続きについて【行政書士執筆】

    財産調査を行う際や遺言書または遺産分割協議書の内容を反映させる際には金融機関での手続きが必要になります。金融機関には都市銀行やゆうちょ銀行、信用金庫など様々な手続き先が存在し、それぞれで異なる方式を採用していることも多いのです。 この記事では相続手続きについて、特にメガバンクの手続について解説します。 金融機関への連絡 相続が発生した場合には、金融機関……

  • 金融機関(ゆうちょ銀行)の相続手続きについて【行政書士執筆】

    財産調査を行う際や遺言書または遺産分割協議書の内容を反映させる際には金融機関での手続きが必要になります。金融機関には都市銀行やゆうちょ銀行、信用金庫など様々な手続き先が存在し、それぞれで異なる方式を採用していることも多いのです。 この記事では金融機関での相続手続について、特にゆうちょ銀行に重点を置いてその手続きについて解説します。メガバンクについての手続き……

  • 遺言書|遺したい人に遺すための書き方【行政書士執筆】

    民法では、相続人の相続分を定めていますので、原則、これに従って遺産を分けることになります。この民法で定められている相続分を法定相続分といいます。例えば、「子及び配偶者(妻)が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各2分の1とする」というように定められています。被相続人(父親)の遺産が1,000万円だったとします。この場合には、子及び配偶者(妻)……

  • 死後、何かを頼みたいときに必要な遺言書【行政書士執筆】

    民法では、相続人の相続分を定めていますので、原則、これに従って遺産を分けることになります。この民法で定められている相続分を法定相続分といいます。例えば、「子及び配偶者(妻)が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各2分の1とする」というように定められています。被相続人(父親)の遺産が1,000万円だったとします。この場合には、子及び配偶者(妻)……

  • 遺言書が必要になる場面、個別の事情があるとき【行政書士執筆】

    民法では、相続人が開始した場合の相続分を定めていますので、原則、これに従って遺産を分けることになります。この民法で定められている相続分を法定相続分といいます。例えば、「子及び配偶者(妻)が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各2分の1とする」というように定められています。被相続人(父親)の遺産が1,000万円だったとします。この場合には、子及……

  • 単純承認|相続の方法【行政書士執筆】

    相続は、多くの煩雑な手続きがあります。 例えば、死亡届や葬式の準備、口座解約のための金融機関とのやり取り等細かいものまで挙げたら途方もなく感じてしまうかもしれません。しかし、相続は被相続人に関する手続きのみをすればよいわけではありません。 今回は、状況に応じて相続人がしなければならない、またはすべきではない相続の方法を見ていきます。 相続の方法 相続……

  • 【寄稿】日本に住んでいる韓国人の方の相続税申告と相続手続の全て

    このページでは、韓国籍を持ったまま日本にお住まいだった在日韓国人の方が亡くなられた場合の、日本と韓国双方の相続手続と相続税申告の仕組みについてご説明します。 相続は被相続人の国籍がある国の民法に基づきます 日本では、外国籍の方が亡くなられた場合には、被相続人の本国の相続法に基づいて相続手続をおこなうよう定められています。韓国の法律でも、被相続人の本国法に……

  • 漢字の成り立ちから読みとく、遺言の意味

    11月15日は「いい遺言(いごん)の日」です。 相続に関する意識を日ごろから高める目的で、2006年にりそな銀行が制定しました。同様の記念日は、4月15日の「遺言の日」(日本弁護士連合会)、1月5日の「遺言の日」(日本財団)などもありますが、それだけ相続や遺言に関心が高まっているということかもしれません。 今回は、「遺言」という言葉にはそもそもどのような……

  • 相続登記が義務になるって本当?所有者不明土地・空き家問題、相続登記の現状と登記しないことのデメリット【行政書士執筆】

    不動産の相続登記を義務化するために政府は2020年の秋の臨時国会に法案を提出する予定です。相続登記が義務化された場合に相続手続きにどのような影響が出るのでしょうか。 この記事では現在検討されている情報をもとに相続登記の義務化について、相続登記の現状や相続登記が進まない理由、そして相続登記をおこなわないことのデメリットなどについて解説していきます。 相続登……

  • 相続の相談は誰に依頼すれば良い?弁護士・税理士・司法書士・行政書士・銀行をケース別に比較【行政書士監修】

    遺産相続には、状況によってさまざまな準備や法的な手続きが必要になります。そのすべてを自分自身の手で行うのは難しく、どうしても専門家に相談するケースも出てくるでしょう。弁護士、税理士、司法書士、行政書士、銀行など、各専門家の得意分野を把握しながら、時期や状況に応じて依頼をすることが非常に重要です。 この記事では、相続の相談相手について弁護士、税理士、司法書士……

32件中21】~【30件の表示

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス