• 子供なしの夫婦、夫が亡くなったときにできる限り妻に財産を残すには?【行政書士監修】

    子供のいない夫婦の中には、どちらかが亡くなってしまったあとのことを考え、できるだけ財産を残しておきたいという方も多くいらっしゃるでしょう。 しかし、子供がいない場合には親や兄弟姉妹が相続人になることもあり、想定していたよりも配偶者が相続した財産が思ったよりも少なかった、というケースもあります。そういった事態を防ぐには、生前の相続対策が重要になってきます。 ……

  • 実家の家と土地はどうする?不動産の相続手続きの流れと節税方法

    大切な家族が亡くなると、ご遺族は気持ちの整理もつかぬまま、葬儀の手配や相続手続きをこなさなくてはなりません。ただでさえ落ち着かない状態の中で、不慣れな手続きをすることになります。さらに、相続財産の中でも価値が高く、現物で分割することが難しい不動産を相続する場合、相続手続きや相続登記など、負担はより大きくなることが予想されます。 この記事では、不動産相続の手……

  • 相続税対策|節税のための4つの手法、生前贈与、生命保険、不動産、非課税制度や税額軽減制度の活用方法【税理士監修】

    相続税を節税する相続税対策。具体的な方法としては、広範囲で多岐にわたる相続税対策ですが、ご自身のケースではどのような方法がふさわしいのか、どのくらいの節税効果が見込めるのかというように、専門家でなければ判断に悩むこともあります。 この記事では、相続税対策を体系的に解説し、相続税対策にはどのような方法があるのか?具体的におこなうこと、それぞれの相続税対策の注……

  • 遺産分割を弁護士に依頼するメリット|弁護士の選び方と費用の目安【弁護士監修】

    相続手続きにおいて避けて通れないのが遺産分割協議。スムーズに協議を進めるには、弁護士に遺産分割を依頼するのもひとつの方法です。 この記事では、遺産分割を弁護士に依頼するメリット、相続に強い弁護士の選び方、弁護士費用はいくらかかるのかなど、遺産分割を弁護士に依頼するにあたって気になるポイントを解説していきます。 弁護士に遺産分割を依頼するタイミングはいつが……

  • 相続税評価額はどうやって出す?土地家屋や株など相続財産の計算方法【税理士監修】

    相続税申告が必要か判断したり相続税の額を計算するには、相続財産1つ1つの評価額を算出し、足し合わせる必要があります。 税理士に相続税の申告を依頼する場合でも、まずは大体の金額だけでも知っておきたいのではないでしょうか。土地家屋や預貯金、株式など、相続するケースの多い財産の評価の出し方を確認しておきましょう。 この記事では、路線価図や評価倍率表を用いた宅地……

  • 相続税申告の必要書類・添付書類|書類の概要と取得方法、提出できなかった場合の対応

    相続税を申告する際は相続税の申告書のほか、被相続人や相続人の戸籍謄本など、身分関係資料や相続財産に関する書類、遺産分割に関する書類などたくさんの書類が必要となります。 この記事では、戸籍謄本など相続全般に必要な書類とその取得方法、遺産分割に関する必要書類、相続財産の種類によって必要な書類など、相続に必要な書類について、その内容とそれぞれの書類の取得方法を合……

  • 土地を相続したら?土地の相続税評価額の計算方法【税理士監修】

    相続税は、相続財産の総額に対してかかります。このため、相続税を計算するには、預金や株式・土地・建物など1つ1つの財産の評価額を出す必要があります。 預金であれば残高がそのまま評価額となるため分かりやすいですが、土地はどのように評価したらいいのでしょうか?それでは、土地の相続税評価額の出し方を詳しく見ていきましょう。 この記事では、路線価図の見方や必要資料……

  • 相続で揉めないために|公平な遺産分割をするために知っておきたいこと【行政書士監修】

    親が亡くなったとき、それまで仲の良かった兄弟姉妹が遺産をめぐる争いで絶縁してしまった、という話は珍しいケースではありません。また、遺産相続争いというと財産が多い場合に起こるようなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、自宅などの不動産と少しの預貯金というケースでも起こる可能性があります。 これを避けるためには、いかにすべての相続人が不公平感を感じないように……

  • 遺言無効確認訴訟(遺言無効確認の訴え)で遺産を取り返す方法

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2020年12月14日に公開された記事を再編集したものです。 偽造された遺言書や、認知症等により判断能力が低下しているのをよいことに言いくるめて作成させた遺言書、詐欺や強迫、勘違いによって作成してしまった遺言書、その他の要件を満たしていない遺言書は、基本的には無効です。 このような遺言書があることによって……

  • 相続人調査を徹底紹介!詳しい調査手順と注意点【行政書士監修】

    身近な人が亡くなると、亡くなったその日から相続が開始します。遺族がやらなければならないことはたくさんありますが、まず最初におこなうのが相続人調査です。 故人(被相続人)の死亡から出生までの戸籍をたどって、誰が相続人になるのか調べることを相続人調査といいます。相続人調査をしなければ、相続人が確定しないため、遺産分割も相続税の申告もできません。 この記事では……

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス