• 相続人調査を徹底紹介!詳しい調査手順と注意点【行政書士監修】

    身近な人が亡くなると、亡くなったその日から相続が開始します。遺族がやらなければならないことはたくさんありますが、まず最初におこなうのが相続人調査です。 故人(被相続人)の死亡から出生までの戸籍をたどって、誰が相続人になるのか調べることを相続人調査といいます。相続人調査をしなければ、相続人が確定しないため、遺産分割も相続税の申告もできません。 この記事では……

  • 農地の相続税はいくら?相続税評価額の計算方法と納税猶予

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2020年12月9日に公開された記事を再編集したものです。農地を相続した場合、相続税は、いくらかかるのでしょうか?わかりやすく丁寧に説明します。 また、農地にかかる相続税の納税猶予の制度についても併せて説明しますので、是非、参考にしてください。 農地の相続税はいくら? 相続税は、財産ごとに計算されるわけ……

  • 配偶者がいない場合の相続|親族構成のパターン別、法定相続人と法定相続割合【行政書士監修】

    相続人が誰もいなければ相続財産は国庫に帰属!遺言書を残せば、相続人でない人にも遺贈することができますが、遺言書に不備があると効力を失うこともあります。 専門家との無料相談はこちらから。ご希望の地域等をお選びください。 配偶者や子供がいる人が亡くなった場合は、配偶者や子どもが遺産を相続するのはイメージがつきやすいですが、配偶者がいない人が亡くなった場合の相……

  • 遺言執行の流れと手続き、遺言執行者が必要なケースなど

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2020年12月8日に公開された記事を再編集したものです。遺言によって遺産をもらい受けることになった場合、どのような手続きが必要になるのでしょうか? 遺言執行の流れと手続き、遺言執行者が必要なケース等についてわかりやすく丁寧に説明します。 是非、参考にしてください。……

  • 清算型遺贈(清算型遺言)の文言、遺言執行者、登記、譲渡所得税

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2020年12月8日に公開された記事を再編集したものです。 自分の財産を、大切な人たちに、どのように遺そうかということを考えたときに、現金で遺すことが最も喜んでもらえる方法ではないかと思われるケースがあります。 この記事では、そのようなケースに最適な清算型遺贈について説明します。 この記事の内容は、これ……

  • 相続人調査の方法・手順と弁護士・司法書士・行政書士の費用

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2020年12月4日に公開された記事を再編集したものです。配偶者や親などの身近な方が亡くなり相続人となったら、相続手続きの前に、相続人調査をしなければなりません。 この記事では、相続人調査の目的、方法・手順、費用、専門家(弁護士、司法書士、行政書士)に依頼した場合の費用等について、わかりやすく説明します。 ……

  • 亡くなった家族の口座が凍結|故人の預金の引き出し方、凍結口座の解除手続き【行政書士監修】

    家族が亡くなると、故人が生前使用していた金融機関の口座は凍結されます。 葬儀費用や当座の生活費を、故人の残した財産から支払う予定だった場合、口座からお金を引き出すことができず、困った事態になる可能性もあります。 この記事では、なぜ家族が亡くなった時に口座が凍結されてしまうのかや、口座が凍結されてしまうとどうなるのか、また、口座の凍結を解除するための手続き……

  • 遺言書を無効にしたい!無効になる場合と申し立て方法・時効

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2020年12月3日に公開された記事を再編集したものです。 自分に不都合な遺言書が出てきた場合、「遺言書を無効にしたい」と思うことがあるでしょう。 この記事では、遺言書が無効になる場合について、判例を紹介しながら説明します。 また、申し立ての方法と時効についても併せて説明します。 遺言書が無効になる場……

  • ゴルフの会員権や著作権、特許権などの相続財産に関する調査【行政書士執筆】

    相続が起きたら相続財産を調査しなければなりません。これは相続人に対してどのような資産や負債が残されていて、遺言書が残されていない場合には遺産分割協議の際にその対象となるものを把握する必要があるからです。 この記事ではそのような相続財産の中でも「ゴルフの会員権や著作権、特許権のような権利」などに関する調査について解説をしたいと思います。 財産調査の基礎知識……

  • 相続放棄|相続の方法【行政書士執筆】

    相続は、法律知識や税に関する知識など専門的な知識が必要になる複雑な手続きがあります。 例えば、死亡届や葬式の準備、口座解約のための金融機関とのやり取り等少し挙げただけでも面倒くさそう・手間がかかりそうといった印象をもつかもしれません。 そして、相続は被相続人に関する手続きだけをすればよいわけではありません。 相続人側でもしておかなければならない手続きが……

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス