1分で診断!
あなたに必要な相続手続き

4つの質問に答えるだけで、あなたに必要な相続手続きがわかります。面倒な手続きも多いですが、まずはやるべきことをきちんと把握することが大事です。

「兄弟」の検索結果 230件
  • 次男の私への相続がナシって納得いきません。

    質問者:Y.T 遺言者において、極端に偏った内容の遺産分配方法が指定されているような場合、他の相続人は「遺留分」を請求できることがあります。 「遺留分」とは一定範囲の相続人に保証された権利 被相続人(亡くなった人)と一定の関係にあった人には、「遺留分」といって、法定相続分(民法で定められた範囲の相続分)に対する一定割合での取り分が保証されています。これ……

  • 録音した口約束は遺言として認められますか?

    質問者:S.M 日本の民法では、法的に遺言として認められるものは厳格に定められていますので、この様式が守られていないものは遺言としての効力がありません。有効な遺言とされるためには下記のような方式で書面に残す必要があります。 普通方式の遺言 遺言書の作成方式は、いくつかのスタイルが法律で定められています。その中でもよく使われるものとして「普通方式」が……

  • 相続税がかからなければ税理士に相談不要ですか?

    質問者:K.K 相続税がかかるのであればもちろん真っ先に相談するのは税理士ですが、かからない場合でも専門家が関与する必要が生じることもあります。ただ、そのケースによってどのような専門家が必要なのかは変わってきます。 相続税がかかるなら必ず税理士 相続財産が基礎控除「3000万円+(600万円×法定相続人の数)」を超えていれば必ず相続税の申告が……

  • 遺言書に書かれた相続人が先になくなったら?

    質問者:S.M 高齢化社会においては、遺言書で遺産を渡すと指定されていた子供側もそれなりに高齢であることが珍しくありません。もし遺産で指定された相続人である長男の方が先に亡くなってしまった場合、長男の配偶者や子供はその遺産をそっくりもらう権利はありません。 遺言書で指名した相続人は、あくまで固有のもの 民法においては、被相続人(亡くなった人)は遺言書に……

  • 親が存命のうちに財産贈与されたら相続税は不要?

    質問者:S.N このタイミングで贈与すると相続税の課税対象財産になってしまう可能性があります。相続税対策として「生前贈与」を検討する人も多いのですが、贈与税がかからない、もしくは最小限で済むような配慮をした上で行わなくてはなりません。 贈与しても相続財産としてカウントされることがある相続税の課税財産は、被相続人(亡くなった人)の死亡時点で被相続人名義になっ……

  • 相続人がいない方の財産の行方は?

    質問者:S.N 一生独身を貫き、親も既に死亡して兄弟姉妹もいない人がいます。このような場合、完全に法定相続人(民法で定められた範囲の相続人)が存在しない状況になりますが、多くの場合は財産は最終的に国庫に帰属することになります。 相続人不存在の場合、相続財産管理人が選ばれる 配偶者は必ず相続人になりますが、それ以外の者には順位があり、第1順位が子供、第2……

  • 妻だけに相続させて不義理の兄には何も渡したくありません。

    質問者:T.H 子供のいない夫婦については、配偶者とともに兄弟姉妹が相続人となります。ただ、兄弟姉妹との関係というのは各家庭によってまちまちで、場合によっては相続させることが不適切なこともありますから、その場合はあらかじめ手を打っておく必要があります。 子供、直系尊属がいなければ兄弟姉妹も相続する 子供のいない夫婦の場合、配偶者とともに相続人になるのはま……

  • 相続で困った事態になりがちなことは?

    質問者:Y.O 相続が発生した場面で困ることとして挙げられるのは、大きく分けて税務上の問題と、遺産分けの方法などの法務的な問題です。 税務的な問題で起こりやすいこと 2015年の相続税改正後でも、相続税課税割合は全体の1割にも満たないものです。つまり、ほとんどの人には税務的な問題は関係ないのですが、基礎控除「3000万円+(600万円×法定……

  • 残された者が相続で揉めないようにしたいのですが…

    質問者:K.N 年々進む少子化の中で、子供のいない夫婦の存在も決して珍しいものではなくなりました。そのような人は「遺言書」の作成が必須だと考えておかなくてはなりません。 相続の大変さは「財産の量」で決まるわけではない 「うちは財産がないから相続については心配ない」というのが良く聞かれる言葉ですが、相続が大変になるか、簡単に済ませられるかは決して財産の多寡……

  • 相続の場面で最も困りやすい事柄を3つ教えてください。

    質問者:A.S 実際に相続が発生した現場では、予想もしなかったような問題が起こる危険性があります。では、比較的起こりやすい問題3つとその対策を確認してみましょう。 相続税の納税資金がない! 相続税のかからない範囲である「基礎控除」、つまり3,000万円+(相続人の数×600万円)を超える相続財産が発生する予定の家庭はぜひ「納税資金の準備」をし……

230件中171】~【180件の表示

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス