• 非上場株式(取引相場のない株式)の相続税評価額の計算方法

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2020年10月23日に公開された記事を再編集したものです。非上場株式(取引相場のない株式)は、相続税や贈与税の計算上、どのように評価すればよいのでしょうか? また、評価明細書はどのように記載すればよいのでしょうか?わかりやすく丁寧に説明します。 是非、参考にしてください。 非上場株式の評価方法 ……

  • 遺言で寄付をするなら知っておきたい!遺贈寄付で失敗しないための6つのポイント【行政書士監修】

    遺産は遺言を使って自由に寄付できます。 自分と志を同じくする人や応援したい団体に遺産を託したい。自分の遺産を誰かの役に立ててもらいたい。財産の持ち主であるあなたが望むなら、遺言による寄付を考えてみてはいかがでしょう。 この記事では、遺言による寄付の種類や寄付時の注意点など、遺言による寄付をする際に知っておきたい知識をご紹介します。 この……

  • 遺言書の撤回・変更の方法を文例付きで解説!取り消しの注意点も【弁護士監修】

    状況の変化などで遺言書の撤回や取り消し、変更をしたいという場合もあるでしょう。後々トラブルにならないよう、確実な対処が重要です。 本記事では、遺言書の撤回・取り消し・変更の方法を解説した後、それぞれの文例について紹介します。また、遺言の撤回とみなされるケース、遺言が効力を発揮した後の取り消し方法、総合的な注意点についても調査しました。遺言書の撤回や変更方法……

  • 相続税申告は「相続専門税理士」に依頼した方が本当にいいのか?

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2020年10月14日に公開された記事を再編集したものです。相続税申告を依頼する税理士を探していると、「相続専門の税理士に依頼すべき」という話を耳にすることがあることでしょう。 専門の税理士なら確かに良さそうに思われるかもしれません。 それでは、相続専門税理士に依頼すると、どのような点で良いのでしょう……

  • 相続税は誰が払う?遺産から払う?まとめて代わりに払う?

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2020年10月13日に公開された記事を再編集したものです。 相続税は誰が払うのでしょうか? 遺産から払うのでしょうか? 相続人の代表者が全員分をまとめて代わりに払うのでしょうか? このような相続税の支払いに関するよくある疑問について、わかりやすく丁寧に説明します。 是非、参考にしてください。 相……

  • 相続税の電子申告のメリットと手続きを税理士がわかりやすく説明

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2020年10月12日に公開された記事を再編集したものです。2019年以降に開始した相続の相続税について、電子申告が可能になったことをご存じの方も多いのではないでしょうか。 この記事では、相続税の電子申告のメリットと手続きについて、わかりやすく説明します。 電子申告とは?いつからできる? はじめに、電子……

  • 相続税の支払方法(納付方法)の一覧と選び方

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2020年10月9日に公開された記事を再編集したものです。相続税はどうやって支払えばよいのでしょうか? 相続税の支払方法はたくさんあるので、それぞれのメリットとデメリット理解して、自分に合った方法を選ぶとよいでしょう。 この記事では、相続税の支払方法について、まず、ケースごとにおすすめの支払方法を表で……

  • 相続税がかからない場合とかからないようにする方法

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2020年10月9日に公開された記事を再編集したものです。相続税は、どのように場合にかかって、どのような場合にかからないのでしょうか? また、相続税がかからないようにする方法はあるのでしょうか?わかりやすく丁寧に説明します。 是非、参考にしてください。 相続税がかからない場合 次のいずれかに該当す……

  • 相続時精算課税制度の選択|節税効果と注意点、暦年課税制度との比較【税理士監修】

    相続税の節税対策として生前贈与を考える際に活用できる制度には、年間110万円まで非課税で贈与できる暦年課税制度と、一生涯に合計で2,500万円まで非課税になる相続時精算課税制度があります。 2,500万円も非課税になるなら、相続時精算課税制度を使って一度にまとめて贈与しようと考えたくなりますが、この制度にはメリットだけでなくデメリットもあります。 この記……

  • 相続人が必ずもらえる遺留分|計算方法と侵害された時の対処法、遺言書での注意点【弁護士監修】

    相続税対策のために生前贈与を考えたり、遺言書を作成したり、相続の準備をしている方も増えています。しかし、相続のことを考えるなら、同時に遺留分についても考慮する必要があります。 遺留分とは、民法で定められた相続人が相続できる最低限の取り分のことです。法律で守られているので、相続の際に著しい不公平があった場合も、遺留分は取り返すことができます。また遺留分を請求……

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス