遺贈

  • 相続人以外の人に財産を遺贈する遺言書を書いた時、遺贈しようとした相手が先に亡くなったらどうなりますか?

    一緒に暮らしている彼女に財産を譲りたいので遺言書を準備しようと思いますが、お互い高齢なので、もし彼女が先に逝ったら私の財産は彼女の子どもが受け取りますか? 遺言で財産を遺贈する際に、財産を受け取る人(受遺者)が財産を譲る人(遺贈者)より先に亡くなった場合、その遺言は効力を失います。この場合、財産は遺言を書いた遺贈者の法定相続人に帰属することになります。……

  • 清算型遺贈(清算型遺言)の文言、遺言執行者、登記、譲渡所得税

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2020年12月8日に公開された記事を再編集したものです。 自分の財産を、大切な人たちに、どのように遺そうかということを考えたときに、現金で遺すことが最も喜んでもらえる方法ではないかと思われるケースがあります。 この記事では、そのようなケースに最適な清算型遺贈について説明します。 この記事の内容は、これ……

  • 遺言書|遺したい人に遺すための書き方【行政書士執筆】

    民法では、相続人の相続分を定めていますので、原則、これに従って遺産を分けることになります。この民法で定められている相続分を法定相続分といいます。例えば、「子及び配偶者(妻)が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各2分の1とする」というように定められています。被相続人(父親)の遺産が1,000万円だったとします。この場合には、子及び配偶者(妻)……

  • 遺言で寄付をするなら知っておきたい!遺贈寄付で失敗しないための6つのポイント【行政書士監修】

    遺産は遺言を使って自由に寄付できます。 自分と志を同じくする人や応援したい団体に遺産を託したい。自分の遺産を誰かの役に立ててもらいたい。財産の持ち主であるあなたが望むなら、遺言による寄付を考えてみてはいかがでしょう。 この記事では、遺言による寄付の種類や寄付時の注意点など、遺言による寄付をする際に知っておきたい知識をご紹介します。 この……

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス