遺贈

  • 遺言で寄付をするなら知っておきたい!遺贈寄付で失敗しないための6つのポイント【行政書士監修】

    遺産は遺言を使って自由に寄付できます。 自分と志を同じくする人や応援したい団体に遺産を託したい。自分の遺産を誰かの役に立ててもらいたい。財産の持ち主であるあなたが望むなら、遺言による寄付を考えてみてはいかがでしょう。 この記事では、遺言による寄付の種類や寄付時の注意点など、遺言による寄付をする際に知っておきたい知識をご紹介します。 この……

  • 特定の者に財産を残したいときに必要な遺言書【行政書士執筆】

    民法では、相続人の相続分を定めていますので、原則、これに従って遺産を分けることになります。この民法で定められている相続分を法定相続分といいます。例えば、「子及び配偶者(妻)が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各2分の1とする」というように定められています。被相続人(父親)の遺産が1,000万円だったとします。この場合には、子及び配偶者(妻)……