1分で診断!
あなたに必要な相続手続き

4つの質問に答えるだけで、あなたに必要な相続手続きがわかります。面倒な手続きも多いですが、まずはやるべきことをきちんと把握することが大事です。

「法改正」の検索結果 53件
  • 知らなきゃ損!相続法改正の8つのポイントをすっきり解説【2019〜2020年施行】

    2018年に成立し、2019年から2020年にかけて順次施行されている改正相続法。 配偶者の権利が拡大される 自筆証書遺言が書きやすくなる 介護などで貢献した親族が報われやすくなる など、日本の実態に合わせて様々な工夫が凝らされています。 今回は、法改正のポイントを8つにまとめ、それぞれわかりやすく解説していきます。「知らなかった」で……

  • 自筆証書遺言の書き方は?2020年法改正のポイントから5つのトラブル例まで完全解説【行政書士監修】

    相続の基本的なルールは民法で規定されています。この民法の相続に関連する部分の法律は「相続法」と呼ばれています。 2019年には「相続法」の約40年ぶりの法改正によって、自筆証書遺言の作り方が容易になりました。この記事では、自筆証書遺言の書き方や、2019年の法改正で変わったポイントについての説明、自筆証書遺言を作成する際によくあるトラブルとその対処法などに……

  • 一番の節税対策は、相続に強い「税理士を選ぶ」こと|ブライト相続代表社員税理士・竹下祐史氏インタビュー

    相続を専門とした税理士法人ブライト相続の代表社員税理士、竹下祐史さんに、相続で気を付けるべきこと、また法改正やマイナンバー制度が浸透することによってこれから相続がどのように変わっていくのか?お話を伺いました。 この記事はこんな方におすすめ:相続税の手続きが必要な方。相続税対策を検討している方 相続は個別性が非常に強く、それぞれのご家族に……

  • 不動産だけ先に遺産分割して、手続きをすすめたい

    両親の所有していた土地を相続することになりました。私たち兄弟はすでに他県で暮らしており、土地をどうするか話しあっていたところ、タイミングよく、この土地の近所の人から譲って欲しいと申し出がありました。その方に売却して相続税の支払いにあてようと兄弟間ですぐに決まったのですが、それ以外の財産について調査がすすんでいないのです。先に、その土地の売却手続きだけを進……

  • 相続手続きにどうして故人の戸籍が必要なのかわかりません

    相続手続きの無料相談をした行政書士に「(亡くなった)母の生まれた時からのすべての戸籍が必要」と言われましたが本当ですか? 相続の手続きでは、相続人を明らかにするため、さまざまな場面で被相続人の戸籍謄本が求められます。 戸籍は改製(法改正によって戸籍を作り変えること)や婚姻、転籍(本籍の所在地を変更すること)などにより新しいものが作成されます。 しか……

  • 電話加入権も相続財産になりますか?

    以前、親が電話加入権というものを買って家の固定電話が使えるようになったと聞いた記憶があります。この権利は売れるとも聞いたような気もするのですが、価値のあるものなのでしょうか?遺産分割するものとして財産目録に入れておくべきでしょうか。 電話加入権は相続税等の課税対象になっていますので財産目録に記入しましょう。令和2年分の取引相場のある電話加入権以外の電話……

  • 自筆証書遺言と公正証書遺言の違いを比較!優先されるのはどちら?

    もしもの時に遺族たちが相続で混乱しないよう、遺言書を用意する方は近年増えています。しかし、遺言書にもいくつか種類があり、中でも自分で手軽に書くことができる自筆証書遺言と公証人に作成してもらう公正証書遺言のどちらを選ぶべきか、迷うケースもあるようです。この記事では、どちらの遺言書を選ぶべきか、判断の材料になるよう自筆証書遺言と公正証書遺言の違いを比較しています……

  • 法務局から、曾祖父の住んでいた土地について相続登記をしてほしいとの通知が来ました。

    行ったことも、住んだこともない地方の法務局から、長期間相続登記がされていない土地があるという内容の書面が届きました。 どうやら会ったことのない曾祖父の住んでいた土地の相続人に自分がなっているようです。 よくわからないし、できれば関わりたくないです。 相続に関係する手続きが必要になる可能性がありますので、まずは書面の事実を確認しましょう。 相続した……

  • こんな自筆証書遺言は無効!NGな記入例でわかりやすく解説

    何を書くかじっくり考え、下書きをして、清書して……と、案外時間のかかる自筆証書遺言。この記事では、一見問題のなさそうに見えるのに無効になってしまう自筆証書遺言の記入例をご紹介します。また、記事の後半では、無効にはならないものの、トラブルになりがちな記入例もご紹介していますので、是非最後までお読みください。 この記事はこんな方におすすめ:「自筆証書遺言を書き……

  • 相続手続きが終った後からでも、遺留分の請求はできますか?

    昨年(2020年)父が亡くなりました。「相続はもう終った」と聞いていたのですが、最近になって遺産が不動産も含めて1億円以上あったと知りました。自分は一切もらっていません。今からでももらうことはできますか? 兄弟姉妹を除く法定相続人には、相続できる最低限度の相続分、遺留分が民法で定められています。遺留分が侵害された場合、その遺産を相続した人に遺留分侵害額……

53件中1】~【10件の表示

お住いの地域の専門家を探す

北海道・東北
関東
中部
関西
中国
四国
九州

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス